FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド9日間ひとり旅 【中編】

【前編から続きます】

インドに着き何日か経ち、少しずつ慣れてきました。
今回の北インドでは英語が通じます。買い物とかも英語でした、せっかく買った指差しヒンディー語の本は出番がなさそうな感じ。

寝台特急に12時間乗ってムガルサライ駅で下車する時のこと。車内放送は全くなく、駅の案内板もホームの数箇所のみにしか設置されていません。ちゃんと正しい駅で降りられるか不安です。
DSC02298.jpg
この列車にて12時間引っ張られていきますよ。

切符には翌朝7時40分着と書いてあります。朝方、定刻どおりに大きな駅に止まったので、周りの乗客に「ムガルサライ駅はここですか?」と聞いてみました。

 乗客A「次の駅だよ」
 乗客B「次の駅だよ」
 乗客C「3つ先の駅だよ」
 乗客D「この駅だよ」


ええっ? どれが正しいの? いつ発車するか分らないし、かなりドキドキして焦ります。
DSC01936.jpg
どの駅で降りたらいいのか分からないので、周りの人に聞いてみる

停車時間が5分位ありそうなので、下車してホームを確認したらこの駅はアラーハーバード(Allahabad)駅でした、ムガルサライ(Mughal Sarai)駅までは100km以上も先で途中駅も10以上。明らかに違うのに「この駅だ」っていうインド人には閉口。
map3.jpg
こんな手前なのに、「この駅だ」なんて答えないでよ

あとで調べると、インド人は「知らない」とは言わないらしく、あてずっぽうでも何かを答えるのが親切と感じている様子です。でも日本人にはそれが嘘を教えられたように見えてしまいます。。
DSC01974.jpg
こちらが下車すべきムガルサライ駅です。実際には3時間遅れで到着

緊張も続いたのでお腹すいちゃった。ずっとカレー続きでたまには違うのもの食べたいな。意外ですがインドでは中華料理(焼きソバ・チャーハン・春巻)が結構どこでも食べられるんです、よし挑戦してみよう。
DSC02687.jpg
焼きソバ(CHOWMIEN、150Rs)を頼んだ、かなり旨いです

サイクルリクシャ(自転車のタクシー)も乗ってみましょう。初乗りは10Rsとか言われていますが、これは現地人価格みたいです。
ホテルからお目当てのレストラン(約5km)の価格聞いたら100Rs(190円)って言われちゃいました。たぶんかなり高額でしょう。値切れば値切れるんでしょうけど、日本人価格見たいのが出来ているみたいなので払うことに。
DSC01980.jpg
リキシャがいたるところにいます

レストランから出たら5人くらいのサイクルリキシャに囲まれて「オレのに乗れ」と引っ張られ。「オレは50Rsだ」「オレなら30Rsだ」「いや20Rsで行くぞ」と、どんどんダンピングされていきます。
その中で20Rsと言うリクシャに乗ってみたのですが、最初のカドを曲がったらいきなり停止し100Rs要求されました。最初から100Rsと言えばいいのに・・ 他にも色んなパターンがあって、途中から「金額はルピーでない、ドルだ」と言う人がいたり(ルピーからドルだと金額にして80倍くらい違います)。
DSC02128.jpg
色々巻き上げられている気もしますが、きちんと目的地に行ってくれました

DSC02179.jpg
帰りも別のリキシャと交渉し、なんとかホテルまで帰ってきました

買い物は失敗が多いです。高くふっかけられたり、質が悪かったり。
駅でミネラルウォータを買うときのこと(定価12Rsです)。
駅の売店で水を指差して100Rs札を出してみる →水は出てきたがおつりこない →お釣りくれとアピール →釣りは出されず代わりに弁当が3つ出てくる(20Rs×3個) →そうじゃないとアピール →弁当が引っ込まれて代わりに5Rs札とアメ玉3つ出てくる →そうじゃないってばとアピール →水が引っ込められ代わりに100Rs札が戻される
わたし一人では水も買えないのかと凹む・・・ しかし、会話を思いおこすと「ノーチェンジ」って言ってた。もしかしてお釣りは出さないのか?
DSC02602.jpg
お店ってこういう店が多いです。スーパーとかコンビニは全く見ません

DSC02200.jpg
紅茶専門店なんて、完璧にアウェイ気分にさせられます

別の店に行ってみました。今度はお釣りがもらえるかを聞いてみよう。
ペットボトルのマンゴージュース指差して「いくらですか」 →金額はボトルのココに印刷されているんだ、25Rsだよ →50Rs札ですけどおつりありますか →あるよ
おおぉ、買えた。この店はおつりくれるし、親切だなあ。
DSC02533.jpg
みやげ物屋にて。お姉さんの買え買えトークが猛烈です。

その後分かるのですが、インドでは何も言わないとお釣りが出てこないことが多いです。もしくは最初からお釣りは出しませんと言い切る店も多いです。
タージマハールの入場料750Rsでさえ、1000Rs札で支払ってもおつり要求しないと出てきませんでした。ホテルのレストランでお釣りはダメだと言われたことも。
価格交渉だけでも疲れるのに、お釣りの確認まで必要とは。裕福そうな外国人にお釣りなど渡す必要なんかないと思われているのかもしれません。
ちなみに外国人料金として750Rs(約1500円)払ったタージマハールの入場料、現地人は20Rs(38円)です。37.5倍の金額って、ちょっとどうなのよと言うくらいの格差です。
DSC02377.jpg
そんな世界遺産タージマハール。見事な建築、全て石作りです。

DSC02402.jpg
近くはこんな感じ、建物に触れることもできますよ。微細な石加工がすごいです

DSC02393.jpg
入口があって内部も見学可能です。棺みたいなものが置いてありました。

こちらタージマハルとアグラ城は歩いも20分程度の距離でして、アグラ城の入り口でもさっきと同じマンゴージュースが売ってました。もう定価は25Rs(48円)って分かっています。
このジュースいくらですか →50Rsだ →もっと安いでしょ →40Rsだ →まだ高いよ →30Rsだ →よし、買うよ
まあ+5Rsくらいならいいかと購入したのですが、そのジュースは定価の刻印されている部分だけが削られていました(汗) うーん、さすが用意周到だな、この削り代が5Rsなのか。
DSC02322.jpg
そんなアグラ城も世界遺産だったりします。

DSC02330.jpg
アグラ城の中。通路が入り組んでいてドラクエみたいです。

DSC02340.jpg
アグラ城の2階は景色が一望できます。地元のお姉さん、ノリノリでポージング

タージマハールやアグラ城の近くは土産ものを声かけて売ってくる人がすごく多いです。
汗かいたからTシャツ買ってみることに。一枚いくらですか →1枚500Rsだ(950円) →高いよ250Rsにしてくれ(相場を知らないので適当に半額を言ってみる) →250Rsはダメだ300Rsで手を打とう →分かった300Rsで買おう →もう1枚付けるから+100Rsくれ →いらないよ →じゃあ3枚で500Rsはどうだ →いらないってば
結局1枚を300Rsで購入、値切れたからよしとするか。その後、ホテル近くの土産屋をウロウロしていたら全く同じTシャツが150Rs(285円)で売っていました(汗)
DSC02437.jpg
せっかくTシャツを値切ったのに、それでも倍の値段だったとは

町に出ればリクシャに「乗れ乗れ」と付きまとわれる。物乞いに「マネーマネー」と言い寄られる。物売りに「ベルト買え」とか言い寄られる。
まだ旅の半分ですが、インドってホントやり取りが多くて疲れる町だなあと言う感想でした。
DSC02534.jpg
タクシーに乗っていても、信号待ちで物売りが来ますよ

DSC02015.jpg
いやあ、人付き合いが濃くて疲れるわあ。カレー食べてゆっくりしよう・・

DSC02592.jpg
それにしても、人多いです。すぐにリキシャに「乗れ乗れ」と勧誘されます

DSC01886.jpg
こういうの買って食べたいけど、ハエが10匹くらいとまってる。我慢するか。。

ここ、ヒンドゥー教の聖地バラナシは1000以上の寺院、200以上のモスクがある宗教都市。何百万人と言われる参拝客が訪れます。
川沿いには火葬場があります。ヒンドゥー教徒は墓を造らず、死者は火葬されて灰は川に流されるのです。聖地バラナシで火葬され、ガンジス川に流される(還される)のはヒンドゥー教徒にとって最高の喜びとのこと。この地へ訪れて自らの死を待つ老人もいるほどです。
写真厳禁と言う火葬場を見てきました。薪が積み上げられ、真っ白な絹で包まれた死体に火がつけられます。親族っぽい人たちが傍らに立ち、燃える身体を見つめています。身体を包んでいた絹はすぐに燃えてしまい、黒焦げの遺体が見えているのを、そばで野良犬や野良牛がよだれを垂らして見ていました。

夜もイブニングセレモニーである「プジャ」(みんなでお祈りするようなもの)がガンジス川沿いで毎日開催されていますので見に行くことに。すごく熱気あふれる集まりでした。
DSC02214.jpg
すんごい集客力で毎日開催。観光客だけでなく地元の人も多いです。

DSC02221.jpg
神様をたたえる歌やお祈りをしています、約1時間くらいの催しです。

さっき食べた焼きソバがかなり旨かったんで、夕飯はまた中華にしてみよう。ちょっとガイドブックで調べてよさげなレストランに行ってきました。
DSC02146.jpg
焼きソバ(チリガーリック味)+春巻き。今度のも具沢山でうまい、日本でも流行るよこれ

今回のメイン行事、早朝のガンジス川で沐浴風景を見てみましょう。ここ聖なるガンジス川に身を浸せば全ての罪が洗い流されるとヒンディー教ではいわれています。朝5時に起きて、ボート乗り場に行ってみます。世界各国から旅行者がきてボート乗り場が混雑してます。
DSC02027.jpg
ボートに乗って沐浴風景を見てきます(約1時間)。今日は曇りなのでご来光が見れず残念

DSC02046.jpg
早朝の風景、お祈りをする人がたくさん

DSC02066.jpg
お姉さんも沐浴しますよ。石鹸で身体洗う人もいます

DSC02048.jpg
実は泳ごうと思って海パン持ってきたのですが、水が汚なそうに見えて諦めました・・

ボート乗り場に並んでいたのですが、首飾りとか腕輪とかのお土産を売る物売りが沢山います。
わたしも声をかけられましたが「いらないよ」と一生懸命拒否して断りました。断るだけでも気を使います。
ところが、物売りの彼らの様子をよく観察してみると日本人のみに声をかけています。欧米人旅行者には殆ど声をかけていないことに気づきます。 
えええっ! ほんと日本人って良いカモなんだって感じた瞬間でした。 

どうなんだ、こんな扱いのままでいいのか? いや、よくないでしょ。この状況を何とかしないと。
わたしの胸中で何かが変わって行くのを感じました。

【後編へ続く】

コメント

しろさんお久しぶり!いや~すっごくたのしそう!!!いいな☆

あたしではとてもとても、、、、一人旅なんて勇気はないわ。すごい。
しかもかなりエンジョイしていますね、感心しちゃいます・・

しろさんってすごいなあ、やっぱり

こんにちは♪ 
今までの旅レポートの中で、一番面白いです!!インドで、濃ゆーい体験をたくさんされてきたのですね。社交的なしろさんを閉口させてしまうほどの、インド人パワーって、何でしょう。写真の風景が、バングラデシュに似ていて、ダッカへ行った事を思い出しました。このままではいけない!!と思ったしろさんが、後編でどうなるのか、楽しみにしています。

■おちび姫さんへ
おひさしぶりー、ツイッターもブログも更新ないから心配してましたけど、元気そうでなりよりですよ。
こちら、やること無いので一人旅になっていると言うか、誰も遊んでくれないので一人旅と言うか・・・ 今度ぜひ遊んでやってくださいませ。
それにしてもインドまで行くって全力で斜め上な気がしてましたけど、行ってみると人間の原型みたいな方々ばっかりで思い出深い旅になりました。撮った写真も1000枚超えてますので、会ったときにお見せしますね。

■jajaさんへ
おひさしぶり、もうシアトルから帰ってきたのかな?
一番面白いとはありがとね、やっぱり精神的に得るものがある旅の方がエキサイティングなのかも。
インドでも英語は通じるんですが、もっと英語が喋れたら楽しいだろうなって思いました。学生時代もっと勉強しとけばよかった。インド人パワーは強力です、今後は中国と同様に強国になっていくと思いますよ。
ダッカに行かれたとは! バングラデシュは隣国なので文化も似てきそう・・・ でもイスラム教とヒンズー教の割合が逆転するから、正直想像つかないわあ。こんどダッカの話を聞かせてくださいね。

v-233私も旅好きです

ケニアでは「自分の物は自分の物、人の物も自分の物」
台湾では「中国人は中国人も信じない」
って現地の人から言われた時は笑いました~ 

去年はバリで騙されたり、金額交渉にヘキヘキ…やっぱりlocal price は不可能ですね←しつこくすると嫌われる凹 今年はイタリアで建築物に感動しましたv-259

現地の人はもちろん、面白い日本人の人にもあったり本当に旅は楽しいですよねv-266

しろさん、こんにちは!

インド、未知の世界でしたが
こうやってお写真を拝見させていただくに
本当に住んでいる世界が違うんだなぁって思います。

好き嫌いがはっきり分かれる国とは聞きますが、
私は一人ではいけないかなぁ・・・
(マレーシアとシンガポールは一人旅しました。。。タクシーのぼったくりは当たり前、料理も一人で食べててそれも通常より高く取られるし)

何でも交渉交渉の国なんですね。
おつりは、海外行けば必ず、数えなくてはなりませんよね。
くれないというのはインド独特な気がしますが、
日本ほど平和で安全、便利な国はないと思います。
お水も無料、おしぼりも出てくるし、
自動販売機も多い(海外は沢山ない気がします⇒盗難が多いので)
日本はお店の人も親切だし、
買い物の持ち物が多いと袋をまとめてくれたりします。
これも日本独特かと・・。

やきそばが実に美味しそうでしたv-237

>物売りの彼らの様子をよく観察してみると日本人のみに声をかけています。
>欧米人旅行者には殆ど声をかけていないことに気づきます。 
その通りで・・・

これは日本的文化なのか、とても丁寧な人が多いからか(断るのが失礼のように感じたり)鴨になっちゃうんでしょうね。

これによって感じたこと、しろさんの後編楽しみにしております。

こんばんわ!旅行中に大変お世話になりました(熱出して死んでいました)者です。
インド旅行は一言でいうとすごい!旅行でしたね。わたしはちゃんとお釣り持ってる?と聞き、先にお釣りをもらってお金を渡してました。ゆっていらっしゃったサンドイッチ本当においしそう!中華もほんとうにおいしかったですよね。初めはクラクションや、カオスな道路を渡ること、牛がいることなどにも驚きましたが、最後のほうは慣れてしまいました笑 インド門で現地の人にかこわれ、まるでディズニーランドのキャラクターのように一緒に写真撮るために並ばれた体験をはじめ、はじめてなことばかりで本当に充実していました。
しろさんのブログとってもおもしろいです。これからも見に来ますね^^
神奈川ぜひ案内してくださいね^^

■Yuki*さんへ
あら、ケニアはジャイアンの名セリフ「スネ夫の物は俺のもの、俺のものは俺のもの」と同じですね。アフリカってまた考えや文化が違うようでいつの日か訪問してみたいものであります。わたしもロンドンマラソンでイギリスを旅した時、欧米人には世界中を植民地にした支配階級的なプライドがDNAに刷り込まれているような印象を受けたものです。
ローカルプライスは難しいですね、インドも日本人相手の価格カルテル見たいのがすでに出来あがってて値切りはなかなか難しかったなあ。

■チーズどら焼きさんへ
さすがに女子の一人旅でインドは微妙かもしれません。わたしが到着した日もデリーで銃撃テロがあり韓国人旅行者2名が負傷とのニュースがTVでやってました(自分のホテルから5km位の場所)。
お釣りは「ノーチェンジ」(おつり出さないよ)と最初から言ってきますし、50Rsの物を100Rs札で買う時すらお釣りを出さないことが多く。外国人だからなめられているのかもしれませんが(チップ代わり?)
日本人の謙虚な姿勢は日本国内ではとても良い文化であるのですが、どうもそこに付け込でいるような気がしてきまして。この後からちょっと考え方を変えてみることにしましたよ。

■ゆかさんへ
アグラ行きの電車の中では辛そうな様子でしたが、翌日は元気になられたようでよかったです。
インドの食事はどれもおいしかった、日本人の口にもあいますね(辛いカレーもありましたが)。
インド門ではわたしも囲まれましたよ、なんか国旗の紙みたいなの強制的に渡してくる人がいて100ルピーとか言われたなあ。
しかし、先にお釣りをもらうとはしっかりしていらっしゃる、さすがです。神奈川にもぜひ遊びに来てくださいね。インド話に花を咲かせましょう、お待ちしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://x9000.blog98.fc2.com/tb.php/229-c080e17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

「しろ」

Author:「しろ」
住まい: 神奈川県
年齢: 30代
趣味: カフェ巡り・パン屋巡り
    離島や海外で遊ぶこと
好物: カステラの茶色いところ
    ホットケーキ
    フレンチトースト

フル:    3時間43分
ハセツネ: 19時間19分
5000m走: 20分12秒
5000m海:  2時間2分
400mFr:   6分59秒
100mFr:   1分30秒

マラソン、トレランは5年目。
海泳ぎは3年目。
ブログ歴3年目。
故障歴2年半(継続中)

サロマ湖100kmウルトラマラソン完走をめざして走り始めました。2004年のホノルルが初マラソン。
住宅地でラン練してもつまらないので、近くの高尾山を走ってたらトレランの世界を知り、2005年からハセツネにも参戦。同じ年にニューヨークシティマラソンで出会ったラン友から海泳ぎの世界を教わり、遠泳にもハマリ中。

しかし2年前から左足の痺れと腰痛が。どうやら坐骨神経痛らしいです。痛くて走れず泳げず、すべての練習を中止。
練習もできず大会も出れず体重は+13Kg増量中・・・ あまりにもヒマなのでそこら辺をプラプラしております、気づけば47都道府県のうち46まで制覇中。



このブログはリンクフリーです
コメントあると嬉しいです

■■2011年参加大会■■
なし

■■2010年参加大会■■
3/13 東京エンデューロ
5/16 ホノルルトライアスロン
7/25 ビックスイムinトーヤ
9/4 式根島アクアスロン

■■2009年参加大会■■
1/11 有度山ロゲイニング
1/18 ジュニアチャンピオン大会
3/1  サン・スーシ大会
3/29 奥武蔵レクロゲイニング
4/5  青梅高水山トレイルラン
4/11 エクストリーム那珂川
5/31 ARJS三浦横須賀
6/20 式根島アクアスロン
8/2  四万十川水泳マラソン
8/16 奥松島OWS
8/23 姫路家島OWS
8/29 湘南OWS
11/22 イーハトーブマスターズ

■■2008年参加大会■■
1/20 フロストバイト
3/9 大山登山マラソン
3/16 湘南国際マラソン
3/23 新城トレイルレース
4/6 青梅高水山トレイル
4/13 ロンドンマラソン
4/20 かすみがうらマラソン
4/29 横浜駅伝
5/18 野辺山ウルトラマラソン
5/25 インターナショナル・ココス・クロッシング(グアム)
6/8 横田駅伝
6/14 座間味ラフウォータスイム
6/22 サロマ湖100kmウルトラマラソン
6/28 式根島アクアスロン
7/6 北丹沢12時間山岳耐久レース
7/12 新島オープンウォータースイミング
7/19 富士北麓24時間リレーマラソン
7/25 富士登山競走
7/27 パンプキン争奪マラソンスイミング
8/3 信州爆水RUN
8/10 湘南オープンウォータースイミング
8/17 富士山クロスカントリー
9/6 エクストリームシリーズ奥大井大会
9/21 せとうちOWS
9/23 ビーチエキデンフェスティバル
10/5 東日本国際駅伝
10/12日本山岳耐久レース
11/8 EKIDENカーニバル西東京
11/30 朝霧ロゲイニング

これら参加大会の記事は下メニューの月別アーカイブの該当月をクリックして読むことができます。

最近のコメント

最近の練習量

今日は何の日?

アクセスカウンタ(2008/05/31~)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

地味に人気のあった過去記事

ツイッター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。