2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は北海道にいます (後編)

【前編から続きます】
海や川で泳ぐオープンウォータスイム大会に出て19戦目。
今回は北海道で泳ぐため、はるばる神奈川県からここまでやってきましたよ。大会名は「ビックスイムinトーヤ」、洞爺湖にて1500m泳ぐレースとなります。いつものごとくお一人さまでの旅路です。
DSC00761.jpg
洞爺湖畔を自転車漕いで40分、ようやく会場についたで

いや、めちゃ天気いいです、これは日焼けしますわ。ウェット持ってこなくて正解だったわー。もはや腰痛で300mくらいしか泳げないけど、身体が持ちこたえてくれれば大丈夫。
DSC00744.jpg
ウェット着ている人も多いですが、わたしは海パン1枚。

湖の中は何もなく単調な景色。水はそれなりにキレイですが、何十人~百数十人が一度に入るので泥が巻き上げられます。湖なんでしばらく巻き上がったままなのが難かしら。
DSC00770.jpg
水質はこんな感じ

DSC00746.jpg
写真は800m部門スタート。わたしは1500m部門なのでこのあと。

わたしも入水チェックしようっと。
水温は22~23度くらい。湖でも浮力は十分効きます、普通にプールと同じかな。海と違ってうねりや潮流が無い様子、風で流されるくらいかな? コースは岸沿いに沿っての周回コースのためか、足がつきます。全コースで足が付いて立てるレースはわたしの参加大会の中では初めてです。その面では初心者にもってこいな大会かもしれません(逆に経験者には物足りないかも・・)。
DSC00747.jpg
水の中からフローティングスタート(立てるけど)。わたしもスタートラインに並ぼう

泳ぎ始めると、200mくらいで腰が痛くなり、ストリームライン(まっすぐな姿勢)が作れなくなってきます。
あああ、やっぱりダメかあ・・・静止して腰を曲げ伸ばしして、また泳ぎはじめます。もはや100mおきくらいに立ち上がりながら進んでいましたらよほど痛々しいのかライフガードの方から声をかけられ、

 ライフガード「大丈夫ですか? 1周(800m)で辞めましょうか?」
 しろ    「あ、大丈夫です。体力も残ってますからゴールまで泳いできます」


今はこんなトホホな状況でありますが、2年前のわたしは湘南OWS 10kmや、小浜島RWS 9km団体泳を目標にして日々練習していました。
なので泳法は長距離向け2ビートキックのクロールです。腕の掻き(プル)とキックの押し出し動作と連携させる泳ぎ方ですが、そのタイミングの基点となる押し出し用のキックが痛くて打てません・・・ 
仕方ないので上半身の腕2本だけで沈む身体を引っ張ります。腰や足が痛くて我慢できなくなったら止まって曲げ伸ばししてると痛みが和らぎます。
DSC00748.jpg
みんなガンガン泳ぎます、わたしも頑張らないとねえ。

休みながら泳いで無事にゴール。1500m部門、39分6秒。総合ではたぶんビリから4番目、年代別ではビリ。
止まりながらなんでゴール直後でも体力は満タンなところがちと切なく。以前なら凹んでガッカリしているところですが、2年経ちケガと正面から向き合えるようになったのか悲壮感は薄れてきました。まあ、事故無くゴールしたから良しとするか。。
周りのグループはワイワイと楽しそうに食事しています、わたしも昼ごはん食べようかな。。
DSC00753.jpg
選手は食事つきです、1000円で応援の人も食べられます。

会場の端のほうへ行き、洞爺湖を見ながらぽつんと一人で食べていたら後ろにも一人の方が。
色々話を聞いたら関東で色んな大会にでているそうな、コーチも知っている人でびっくり。向こうの大会でも会えそうですね。
DSC00755.jpg
ハンバーガはエントリ費込み。この天気・この雰囲気で食べられるのはいいものだ。

さて、お腹もいっぱい。着替えて、洞爺湖の残り半周を走りレンタル自転車を返却。
DSC00723.jpg
さようなら洞爺湖、楽しかったよ。良い天気になって本当によかった!

さて、電車にて今日のお宿へ移動します。普通列車は2時間待ちなんで、特急スーパー北斗に乗ってサクッと移動しますよ。
DSC00790.jpg
長万部駅にて、室蘭本線→函館本線へ乗り換えますが、列車1時間待ち・・・

長万部駅はかつてSLが全盛だった頃は、交通の要所として物凄く活気のあった駅だったそうな。
そんな駅の周りを歩いたのですが、シャッターが閉じている店が多く、人通りもなく、かなり物悲しい感じです。しかし、北海道新幹線が開通するときは停車駅になることが決定しています。いつの日か新幹線が通ったらビルだらけで賑やかな都市となるのかな。
DSC00796.jpg
途中下車して、全国屈指の人気駅弁「かなやのかにめし」を買いましたよ

駅弁のかにめしは50年以上の歴史を持ち、もはや長万部を代表する名物です。
海が近いから海岸で食べてみようっと。その土地まで行って買う駅弁と言うのは良いものです、どんな味なんだろうとウキウキ。
DSC00797.jpg
誰もいない浜辺にて食べます、ふわふわ・さらさらのカニフレークを堪能

さて、函館本線に乗り換えますよ。ここ長万部~小樽区間は単線・非電化区間です。
札幌行きの優等列車は全て室蘭本線経由なので、こちらは寂れた状態。車内にも数人しかいませんが、SLニセコ号などが走っていた頃は、それはまた賑やかだったそうです。
DSC00819.jpg
電車は単線、そのうえ非電化なので架線はないです

なんというか、殆どが無人駅。さらに秘境駅的なのが多いです。
将来、新幹線が通ったらこの路線はどうなるんだろ。3セクに移管されるにしてもこの乗客数じゃ赤字だろうし。とはいえ廃線にしたらお年寄りとか学生は困るだろうし。
2000年に有珠山が噴火したときには迂回ルートとして役だったなんて記録もあって、廃止か存続かってとても難しい問題です。
DSC00822.jpg
蕨岱駅(わらびたいえき)です。この駅舎は車掌車な気が・・・

今日の宿泊先は「駅の宿 ひらふ」です。なんと駅舎自体が宿という珍しいところ、全国のJRでも唯一ここだけだそうな、これは泊らなくてはなりません。
DSC00862.jpg
本日の宿、比羅夫駅につきましたよ。今日の夕飯はホームでバーベキュー!

営業時間中のホームでバーベキューって普通は出来ないでしょ。他の宿泊客と一緒になって、旅の話で盛り上がります。
DSC00845.jpg
もちろん駅ですから、電車も来ますし

DSC00837.jpg
停車もします。少ないけど人も乗り降りしていきます。

他にも一人旅の方が2人いたので、色々とおしゃべり。
  しろ 「ずいぶん大きい荷物ですね」
  旅人 「8日分の着替えと、あと土が入っているの」
  しろ 「え? 土って?」
  旅人 「占い師さんに、北が良いって言われて。北に引っ越せないなら北の土を身の回りに置きなさいって言われたから、宗谷岬まで行って土を採取してきたの」

日本最北端の宗谷岬まで行ってくるとは、やはり旅人は気合が入っていますなあ。
DSC00842.jpg
食堂を兼ねた談話室で、それぞれのルートや旅先の会話に花が咲きます

DSC00848.jpg
お風呂は木の幹をくり抜いてます。屋根が開いて星を眺めての入浴ですよ

一階にはだるまストーブとかあったから冬に来たらちがった雰囲気を楽しめそうです。ニセコでスキーとかすることがあれば、また来てみたいな。テレビとかエアコンは無いけど、そんなのは気にしない人たちが集まってくる旅宿的な印象でした。
DSC00830.jpg
寝床はかつて駅職員が使用していたのをそのまま流用。バンガローもあり

朝は電車の通る音で目が覚めました。
朝食を頂いて、駅の周りを散策したりしてのんびり過ごしたあとは、隣の駅「倶知安」へ行きます。北海道の地名には難読なのが多いな。窓の外には羊蹄山もみえましたけど、山頂は雲で見えなかった。。
DSC00870.jpg
なんか可愛い響きの駅名です。ここでは車両増結作業などを見ておりました。

さて、夏の積丹といえば「積丹ブルーの景色」 そして 「究極と絶賛される積丹ウニ」です。これらを確実に堪能するためレンタカーを調達、積丹半島の外周をぐるりとドライブしてみよう。
DSC00904.jpg
レンタカーにて、雷電国道(国道229号)を突っ走りますぜ!

倶知安→岩内町→神威岬→余市のルート。微妙な曇り空ですが、はたして神威岬で積丹ブルーは見れるのか!? 頼むから晴れて欲しいわあ。
DSC00918.jpg
神威岬です(名前カッコいい)、先端まで徒歩20分くらいでしょうか。

DSC00920.jpg
うぉう、これが有名な「積丹ブルー」ですか!!

灯台もあり、以前は灯台守が住んでいたとのこと。波風が強く、日常品の買出しに行くのも大変な場所だったとの記録がありました。あとは色んな花も咲いているし、植物も沢山あります。
DSC00925.jpg
先端には細長い岩がありました。風がかなり強いです。

さて、目的のウニですが、わたしウニって苦い印象しかなくて。
調べてみるとウニは油分が多く運送中に溶けてしまうので、長持ちさせるためにミョウバンに漬けるんだそうな、そのミョウバンが苦いんだって。知らなかったなあ。
ここ積丹では海水で洗っただけのウニが食べられるのです。しかし漁獲の時期が6月~8月と短いので、狙ってこないと食べられません。もちろん海が荒れてても捕れません。どうか食べられますようにと祈りながら「うしお食堂」へGo!
DSC00933.jpg
いままさに最盛期! 最高と絶賛される積丹のウニ丼が目の前に!(2650円)
手前はバフンウニ、向こう側のはムラサキウニ。半分ずつで注文してみました。

おおぉ、これがミョウバンなしのオリジナルウニ。なんとも濃厚な味わい、解禁日に駆けつける人がいるのも判る気がします。この時期・この土地でないと食べられない一皿をじっくり味わって頂きました。
メニューにあるあわびの刺身とか焼物が気になったので追加しちゃった。これまであわびって食感が固いだけのイメージしか無かったのですが、潮の塩気が良い感じの鮮烈な味わいでした。
DSC00935.jpg
調子に乗って焼きあわびまで頼んでみました(900円)。刺身でも食べられるとのこと。

ふうう、食べました。旅の目的の殆どは達成できた気がします。
DSC00929.jpg
くわっ!コレも食べなければ!  皆に愛される積丹ブルー。

一通り食べつくした後は、積丹ブルーで泳がないとね。海岸に降りれる場所があるので訪ねてみましたよ。
DSC00938.jpg
車を走らせ、島武意海岸へきました。ここも積丹ブルーだ!

DSC00943.jpg
うひゃああ、まるで沖縄のようですよ。すごいきれい。

DSC00962.jpg
ハブまでいるんなんて、もはや沖縄にしか見えない  ・・・あ、マムシか

それなりに観光客とか多くいましたが、泳いでいる人が誰もいません(汗)。まさか泳いじゃだめとかないよね。海で泳ぐってもはや流行らないのかしら。
DSC00945.jpg
浜辺にきました。おおぉ・・・かなりキレイな海ですよ

ちょっと潜ったらウニがいっぱいいます。石で割れば食べられそうですが、どれも小さいなあ・・・ ウニは漁業権がないと密猟になるらしいので、取りませんでしたが。
DSC00951.jpg
防水デジカメで水中をパチリ。ヒトデやウニが普通にいます、海水もキレイ

DSC00955.jpg
あの岩場まで泳いで行って、一休みしよう。デジカメ持ってると泳ぎづらい

一通り海で遊んで昼寝したあと、ちょっと時間があまったのでウイスキー工場見学してみました。創業者の熱意が感じられるいい展示でした。やっぱり創業者ってすごい人たちですね。
DSC00975.jpg
余市にてニッカウヰスキーの工場見学

ウイスキーの作り方や、歴代のウイスキー展示など。工場が覗けるのはいいですね、社会科見学のノリで楽しめました。お土産コーナには市販されていないウイスキーも売っています。

  店員 「ここにあるのは全てここでしか買えない貴重品ですよ」
  しろ 「このシングルカスクって何ですか?」
  店員 「一つの樽から瓶つめしたものです、ウイスキー好きなら飛びつきます」


DSC00977.jpg
お土産に購入しちゃった。ウチにお客様がきたらお出ししよう(くるのか?)

さて、明日仕事だしそろそろ帰るかな。
洞爺湖で泳ぎ、比羅夫でバーベキュウし、積丹でウニを食す旅でありました。新幹線予定地も見れたし、非電化の函館本線も味があった。雷電国道のドライブも楽しかった。とうもろこしも旨かったなあ。
この時期の北海道はホント良かったです、いつか時間があったら小樽でのんびりしたいし、旭川や稚内にも行ってみたいな。

【北海道ひとり旅 おしまい】

コメント

いい旅ですね~。ここ数年、北海道は仕事でしか行かないので、北海道の魅力をあまり堪能することなく、とんぼ返りです。
そーいえば、スイムの時のキックですが、大会の時はさすがにキックしますが、普段はあんまり打ってませんよ、私。ほぼプルだけで泳いでもたいしてタイム変わりません(汗)
練習のときはプールが混んでいることもあって、ちょっとゆっくり目に泳ぐ人がいっしょだと途中からスカーリングで進んでます。
これがいいのかどうか分かりませんが、ホームプールでは仕方ない状況です・・・・

しろさん、こんにちはv-237

しろさん流北海道、いいですね!
いつも疑問におもうのが
泳ぎながらのショット。水濡れ防止カメラでしょうか??!

すごいな~~

この緑色の海が日本にもあるということが
驚きです。(沖縄も綺麗ですが)
私はオーストラリアで海がミントグリーンでとてもきれいだったのを
思いだしました。。

レンタカーもいいですね!(2シーター)

駅でBBQなんてなかなかないですし、
お風呂も木彫りで独特ですよね。
あわび900円とは安すぎ!!
うにも大量だし(痛風になりそうな量・・・v-12

しろさん、旅を満喫してるなぁ==!WONDERFUL!

キレイな色のヒトデ。真っ青なんだ。
海というと南の島を思い浮かべるけど、北もいいもんだね。

ウニのツートンカラーがたまりませんな。
高級丼のはずなのに、添えてあるキュウリとトマトで家庭の食卓風になってるのが面白い。
現地の人にとっては普段から食べられるものなのかな?

随分いい車借りてますね

■shizuさんへ
おお、途中からスカーリングとは。shizuさんは早いからなあ、当時でもかなわなかったし。
気づくと6ビートくらい打っているんで、10km泳ぐためにもっと省力化したいなあと2ビート覚えました。わたしの場合キックが入ると20%くらいはタイムが縮まります。
実はキックとプルの連動がバッチリ決まっているのが自分の中での自慢でして、こんど泳ぎをプールで見てくださいね、キック併用の1ストロークで一気に距離稼ぎますよー。身体の回りを流れる水の速度が変わってね、すんごく気持ちいいの。

■チーズどら焼きさんへ
カメラは防水でしてソニーのDSC-TX5です。その前も防水でオリンパスのμ6000を使ってましたが、この前のホノルルトライアスロンのカイルアビーチにて浸水してお亡くなりになりました(防水なのに・・)。
片手にカメラ持って泳ぐので実に面倒です。ヒトデの写真は2mくらい素潜りして撮影してますよ。
オーストラリアはミントグリーンですか、鹿児島の与論島も緑系の色でとってもキレイだったわあ。
ちーさんの北海道もいいですよね、ラララン♪と書いてあるところが心から楽しまれている様子でとってもステキです。

■caiseiさんへ
そだね、北の海も面白かった。初めて北海道で泳いだけど以外に泳ぐ人が少なくて土地の違いを感じましたよ。ヒトデは星型と五角形の2種類がいたのが面白くて、なんであんな形なんだろ。
ウニについては地元の人も解禁日を狙ってくるっていうから、馴染みは深いと思うけど値段は2000円超えるからちょっとおめかし系・贅沢したいときの一皿ではあるかも。

■Jさんへ
じつはこれは撮影用でして・・・ 他の人が運転しているやつをパチリと。わたしは1日1万円で借りれる大衆車でありました。でも、オープンカー一回乗ってみたいなあ。どっかの旅では車にも凝ってみようかしら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://x9000.blog98.fc2.com/tb.php/221-b59705bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

「しろ」

Author:「しろ」
住まい: 神奈川県
年齢: 30代
趣味: カフェ巡り・パン屋巡り
    離島や海外で遊ぶこと
好物: カステラの茶色いところ
    ホットケーキ
    フレンチトースト

フル:    3時間43分
ハセツネ: 19時間19分
5000m走: 20分12秒
5000m海:  2時間2分
400mFr:   6分59秒
100mFr:   1分30秒

マラソン、トレランは5年目。
海泳ぎは3年目。
ブログ歴3年目。
故障歴2年半(継続中)

サロマ湖100kmウルトラマラソン完走をめざして走り始めました。2004年のホノルルが初マラソン。
住宅地でラン練してもつまらないので、近くの高尾山を走ってたらトレランの世界を知り、2005年からハセツネにも参戦。同じ年にニューヨークシティマラソンで出会ったラン友から海泳ぎの世界を教わり、遠泳にもハマリ中。

しかし2年前から左足の痺れと腰痛が。どうやら坐骨神経痛らしいです。痛くて走れず泳げず、すべての練習を中止。
練習もできず大会も出れず体重は+13Kg増量中・・・ あまりにもヒマなのでそこら辺をプラプラしております、気づけば47都道府県のうち46まで制覇中。



このブログはリンクフリーです
コメントあると嬉しいです

■■2011年参加大会■■
なし

■■2010年参加大会■■
3/13 東京エンデューロ
5/16 ホノルルトライアスロン
7/25 ビックスイムinトーヤ
9/4 式根島アクアスロン

■■2009年参加大会■■
1/11 有度山ロゲイニング
1/18 ジュニアチャンピオン大会
3/1  サン・スーシ大会
3/29 奥武蔵レクロゲイニング
4/5  青梅高水山トレイルラン
4/11 エクストリーム那珂川
5/31 ARJS三浦横須賀
6/20 式根島アクアスロン
8/2  四万十川水泳マラソン
8/16 奥松島OWS
8/23 姫路家島OWS
8/29 湘南OWS
11/22 イーハトーブマスターズ

■■2008年参加大会■■
1/20 フロストバイト
3/9 大山登山マラソン
3/16 湘南国際マラソン
3/23 新城トレイルレース
4/6 青梅高水山トレイル
4/13 ロンドンマラソン
4/20 かすみがうらマラソン
4/29 横浜駅伝
5/18 野辺山ウルトラマラソン
5/25 インターナショナル・ココス・クロッシング(グアム)
6/8 横田駅伝
6/14 座間味ラフウォータスイム
6/22 サロマ湖100kmウルトラマラソン
6/28 式根島アクアスロン
7/6 北丹沢12時間山岳耐久レース
7/12 新島オープンウォータースイミング
7/19 富士北麓24時間リレーマラソン
7/25 富士登山競走
7/27 パンプキン争奪マラソンスイミング
8/3 信州爆水RUN
8/10 湘南オープンウォータースイミング
8/17 富士山クロスカントリー
9/6 エクストリームシリーズ奥大井大会
9/21 せとうちOWS
9/23 ビーチエキデンフェスティバル
10/5 東日本国際駅伝
10/12日本山岳耐久レース
11/8 EKIDENカーニバル西東京
11/30 朝霧ロゲイニング

これら参加大会の記事は下メニューの月別アーカイブの該当月をクリックして読むことができます。

最近のコメント

最近の練習量

今日は何の日?

アクセスカウンタ(2008/05/31~)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

地味に人気のあった過去記事

ツイッター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。