2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての沢登り ふたたび西丹沢へゆく

先週、西丹沢行くのに事故に会い、運が無いなあとか思っていると。
Jさんより 「西丹沢に沢登りにいきませんか」 とお誘いが。

サンスーシ大会の時に 「機会があれば沢登りしたいですね」 って話していたので、覚えてていただいてたのかしら。ほかには声をかけておらず、うちら2人だけで行くらしい。腰痛持ちのわたしでも良いのなら、行きますかと返信。わたし2週続けて西丹沢にきている気が。

朝5時半に長津田駅で待ち合わせて、Jさんの車で西丹沢へ。車中にてARJS三浦横須賀大会での思い出話や、今日のスケジュールなどを確認している最中、ロープ(30m)を忘れたことに気づく(汗)。

 しろ 「あの・・・ すみませんロープ忘れました・・・」
 J   「え゛! 仕方ない、滝は横から登りましょう」

P6140267-2.jpg
ロープが無いのでハーネスやカナビナは置いていくことに、ほんとすみません・・・

大滝沢駐車場→鬼石沢入口(非難小屋)→畦が丸山頂付近→ 屏風岩山→大滝沢駐車場へ戻る、ぐるり一周コースを設定。朝7時過ぎに大滝沢駐車場を出発して登ります。
P6140275.jpg
どんどん進む、道中は誰にも会いません。

P6140278.jpg
鬼石沢から登山道を外れて、沢線に入ります。もう靴は水に浸かっています。


滝に着きました。本当は上からロープを下ろして登ってみるのですが、そのロープをわたしがアパートに忘れ。 Jさんはロープなしで登っています、見ている方も緊張です。
P6140280.jpg
F2です。Fってfallで滝を意味するので、F2とは「コース上で2番目の滝」となります。

Jさんの靴は底にフェルトが貼ってあるフェルトシューズ。強力なグリップを発揮して濡れた岩場でも滑りません。対するわたしはトレランシューズ。こんなトコは滑って登れない、こんどはワラジでも履いてくるか。水が結構冷たいので手袋も素材を検討したほうがよさそう。
P6140283.jpg
3番目の滝、F3です。ただの沢も滝があることでピリッと締まる感じ。

P6140303.jpg
だいぶ上まで登ってきました。沢の水はもう枯れています。

P6140304.jpg
こうやって登る。もっとボルタリングの練習しておけばよかったなあ・・・

何とか尾根へ出ました。地図では標高1230mくらいかな。
もう少しで畦が丸山頂(1292m)ですが、今日は山頂が目的ではないのでそのまま南下して屏風岩山を目指します。ここから先は尾根線ですので、とっても気楽。トレイルランナーには見慣れた光景です。
P6140314.jpg
沢と比べると明るい! 歩きやすい! 湿気がない! 虫いない! 尾根サイコー!

過去は登山道があったようなのですが廃止となったようで、道は薄っすらとしか残っていません。ある意味道の無い山を行く読図山行になっています。正午に屏風岩山頂(1051m)につく。このペースなら14時くらいには車に戻れそうだ。帰りはのんびりと地図読みしながら尾根線を下っていきます。

 しろ 「(コンパス見ながら)こっちですかね」
 J   「そうですね、二人の意見が合っているから大丈夫かと」
 しろ 「でも、そこの小さい尾根とか地図に見当たんないなあ・・」


・・・ん? あれ? ここどこ? おかしいな、なんかしっくり来ない。
Jさんと相談しながらウロウロしますが、分からず。普通に道迷いしました。急な下り坂で歩きずらい。コンパスは南を指している。

 しろ 「南へ下っているから、このままだとどこかの沢線に出ますよ」
 J   「沢に出るのはまずいですね、状況次第では降りれないかもしれないです」


さっき、沢を登ってきたからわかるのですが、沢の左右は切り立って急角度なことが多く降りられないことがあります。ましてや滝が出てきたらロープなしでは下降できません。最悪の場合、進むことも戻ることも出来なくなることをJさんは心配していました。
そして時間は15時、もう下山してないとまずいです。日没だけは避けないと。

 しろ 「それなら、リスクを避けて東へ向かいましょう。スタート地点に少しでも近づかないと」
 J   「そうしましょう」


オリエンテーリングで覚えたコンタリングで東へ高度を変えず平行移動します。
現在地はまだ不明です。一体どこなんだ、ここは。木が生い茂りすごく歩きずらく、時間がかかります。しばらくすると目の前に巨大な沢線と向こう側に別の山が見える。コンパスは北を指しています・・・つまり南→東→北とぐるりと半周したみたい。
半周した・北向き・目の前沢線。これらの条件に加え、さらに別の山が北東に見えるので山座同定をして現在位置を割り出す。おそらくここか(青丸点)。うーん、ハデに間違ったな。
現在地さえ分かれば難しいことはないです。間違えた分岐に戻り、尾根線を下って明るいうちに無事下山できました。
byoubuiwa-2.jpg
答えから言うと青い線を行っていました(ほんとは赤い矢印の方へ行きたかった)。一つ先の分岐とその後の地形が似ているのも判断を鈍らせました。リカバリに3時間近くかかったのは反省、もし行程を余裕なしで組んでいたら間違いなく日没となり、深刻な事態になっていたかもしれません。

 ・余裕のある行程を
 ・ヘッドライト、エマージェンシーシート、ツェルトなどを持つ
 ・地形図に違和感を感じたら、戻ること
 ・沢は見つけても降りられない場合がある
 ・最後に道路に下りるときも、事前に下見をして降りれることを確認しておく


間違えた先が似たような地形で、リカバリが遅れました。
進んでいるようで、全然進んでいなかった。山での移動距離の感覚がだいぶズレているのと、地形をもっと注意してみないといけないです。特徴のある部分だけでも押さえておかないと。

Jさんへ、丸1日お疲れさまでした。ロープ忘れたことがもはや数日前の出来事なくらい、色々と考えさせらる西丹沢でありました。次回はちゃんとロープ持って行きますので、またぜひ。

P6140320.jpg
後ろに薄っすらと見える山の中腹辺りで迷ってました。 Jさん、次はどこの沢へ行きましょか!?

コメント

すっご!すっごい! 滝登ってるし、岩登ってるし!
一体どこなんだ、ここは。 その不安ちょぴっと経験したワタシ、とっても良くわかります。。。

しろさん、 7月のハイキングの件 後で連絡します~~。

おひさ~です
沢登りは夏が最高ですよ。
それにしてもザイル忘れるとはウカツでしたね。
私もピッケル持ちながらアイゼン忘れて途中引き帰ってきたウカツなことありました。
笑えませんが…(笑)
良くあることですが帰路探しお疲れ様でした。
迷った時は原点ですね。

■Paraさんへ
いやはや、レースに出れなくなり、こちらの世界にお世話になっております。
地図読みも色々経験していますが、似たような地形が多くて判断ミスもまだまだ多いです。
7月の件は後日メールしますので、日程だけ空けておいてくださいね。

■bokuさんへ
おひさしです、青梅高水以来ですね。もはやランナーとしての話題がなくなりつつあるので、こうして遊びに来ていただけるのはとても嬉しいです。ハセツネも北丹沢も斑尾もパスして、すっかり一般人でありますわ。
アイゼン使うとは冬山派なんですね、わたしも今年はスノーシューでハイキングを始めてみたいなあと思っています。

良いですね~

ご無沙汰しております。
Jさんとは先日、レースでお会いしました!!
私も今年は沢登りに挑戦する予定でいます。
ロープなしで登っているJさん、カッコイイ…

そして、島楽しそう♪
食べ物もすっごく美味しそうですね~

お疲れ様でした。

この辺り、私もつぎさんと地図読み練習で行ったところだ。
雨の翌日で水がすごく綺麗で、シャワクラでまた来たいね~と言っていたよ。
滝を登るJさん、またしても超人ぶりを発揮。すごいなあ。

今度はロープ持ってリベンジしなきゃねw

■撃沈隊 kawaさんへ
お久しぶりです! お変わりありませんか?
kawaさんも沢登りを考えておられるとは、タイミング合えばわたしもぜひ。
島ネタ、読んでいただいてありがとうございます。わたしは離島のレースが好きでして、その土地でおいしいもの食べるのとか大好き。このブログも元々は遠征とうまいもの紹介だったので、早く身体を治して元のスタイルに戻したいですよ。

■miooonさんへ
おひさしぶり。最近会ってないけど、MTB頑張ってますか?
最近は地図読み自体よりも、そのスキルを使っていろんなことをしようかと思って。
アドベも参戦したいけど歩きではチームに申し訳なくて、今夏はJさんと一緒に沢で遊ぼうと思っておりますわ。
しかし、確保なしのフリーソロで滝を登っていくとは、ほんと超人でした。わたしももっと経験を積まなくちゃ。

すごくない、すごくない。
すぐできる、すぐできる。
かっこよくない、かっこよくない。

細かいことだけど青のルート間違ってますよね。。。

■Jさんへ
いやはや、お疲れさまでした。Jさんのフリーソロ(?)に感動しました。
今夏は何回か通いましょう。わたしも7月のガイド講習でテコ入れしてきます。
シューズを買わないと。色々検討中ですが、それぞれ利点があって悩み中であります。
青のルートはノートパソコンのタッチパッドで書いてますので、なかなか引きづらく・・・
でもハデに間違って反省ですわ。

ご無事で

明るいうちに無事下山できて何よりです。
初沢で滝もロープなしで登ってしまうなんてスゴイです!
登攀道具があったら、もっと行動範囲が広がって楽しい沢登を楽しまれるのでしょうね♪

私も沢登で道迷いをしたことがあって、藪のなかで一晩過ごしたことがありました。以来、たとえハイキングでもビバーク用品は必ず持っていってます。あの500円くらいのイマージャンシーシートはかなり暖かくて重宝した覚えがあります。

■DiDiさんへ
コメントありがとうです。いや、わたしは滝を登らず撮影だけして、ふつうに高巻きを・・・
へつりも泳ぎも経験無いのでDiDiさんの背中が見えるように頑張ります。
ほんと道迷い怖いですよね、ちょっとでも下ってしまうと上がって戻るのはなかなかできなくて。日帰りこそ危険なのかも、わたしもビバーク用品の拡充を図ります。
またブログ遊びに行きますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://x9000.blog98.fc2.com/tb.php/155-6f690098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

「しろ」

Author:「しろ」
住まい: 神奈川県
年齢: 30代
趣味: カフェ巡り・パン屋巡り
    離島や海外で遊ぶこと
好物: カステラの茶色いところ
    ホットケーキ
    フレンチトースト

フル:    3時間43分
ハセツネ: 19時間19分
5000m走: 20分12秒
5000m海:  2時間2分
400mFr:   6分59秒
100mFr:   1分30秒

マラソン、トレランは5年目。
海泳ぎは3年目。
ブログ歴3年目。
故障歴2年半(継続中)

サロマ湖100kmウルトラマラソン完走をめざして走り始めました。2004年のホノルルが初マラソン。
住宅地でラン練してもつまらないので、近くの高尾山を走ってたらトレランの世界を知り、2005年からハセツネにも参戦。同じ年にニューヨークシティマラソンで出会ったラン友から海泳ぎの世界を教わり、遠泳にもハマリ中。

しかし2年前から左足の痺れと腰痛が。どうやら坐骨神経痛らしいです。痛くて走れず泳げず、すべての練習を中止。
練習もできず大会も出れず体重は+13Kg増量中・・・ あまりにもヒマなのでそこら辺をプラプラしております、気づけば47都道府県のうち46まで制覇中。



このブログはリンクフリーです
コメントあると嬉しいです

■■2011年参加大会■■
なし

■■2010年参加大会■■
3/13 東京エンデューロ
5/16 ホノルルトライアスロン
7/25 ビックスイムinトーヤ
9/4 式根島アクアスロン

■■2009年参加大会■■
1/11 有度山ロゲイニング
1/18 ジュニアチャンピオン大会
3/1  サン・スーシ大会
3/29 奥武蔵レクロゲイニング
4/5  青梅高水山トレイルラン
4/11 エクストリーム那珂川
5/31 ARJS三浦横須賀
6/20 式根島アクアスロン
8/2  四万十川水泳マラソン
8/16 奥松島OWS
8/23 姫路家島OWS
8/29 湘南OWS
11/22 イーハトーブマスターズ

■■2008年参加大会■■
1/20 フロストバイト
3/9 大山登山マラソン
3/16 湘南国際マラソン
3/23 新城トレイルレース
4/6 青梅高水山トレイル
4/13 ロンドンマラソン
4/20 かすみがうらマラソン
4/29 横浜駅伝
5/18 野辺山ウルトラマラソン
5/25 インターナショナル・ココス・クロッシング(グアム)
6/8 横田駅伝
6/14 座間味ラフウォータスイム
6/22 サロマ湖100kmウルトラマラソン
6/28 式根島アクアスロン
7/6 北丹沢12時間山岳耐久レース
7/12 新島オープンウォータースイミング
7/19 富士北麓24時間リレーマラソン
7/25 富士登山競走
7/27 パンプキン争奪マラソンスイミング
8/3 信州爆水RUN
8/10 湘南オープンウォータースイミング
8/17 富士山クロスカントリー
9/6 エクストリームシリーズ奥大井大会
9/21 せとうちOWS
9/23 ビーチエキデンフェスティバル
10/5 東日本国際駅伝
10/12日本山岳耐久レース
11/8 EKIDENカーニバル西東京
11/30 朝霧ロゲイニング

これら参加大会の記事は下メニューの月別アーカイブの該当月をクリックして読むことができます。

最近のコメント

最近の練習量

今日は何の日?

アクセスカウンタ(2008/05/31~)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

地味に人気のあった過去記事

ツイッター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。