2009-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

naomincさんへの手紙

naomincさん。ものすごく久しぶり、1年以上かな。つくばでサブ3.5達成したことをブログで知りました。
本当におめでとう。先に達成されてしまいました、この勝負、naomincさんの勝ちです。
同じくらいの時期に、同じくらいの走力で、同じ目標を立てたライバル同士として、競い合いができなかったのが残念。

お互い同じレースでサブ4になったでしょ。
その後、去年の6月くらいだっけ? 自分のほうが先にサブ3.5を達成するって、わたしもnaomincさんも 「絶対あなたには負けない!勝負だ!」 と互いに一歩も引かず譲らなかったのを思い出します。

今回の疲労抜き含めた調整は見事でした、きっと普段の練習も効果的に行っていたんだと思います。達成すべくして達成できた感じですね、参りました。
わたしの方は、故障してなかったとしても相変わらずレースを練習と観光とグルメツアーに割り当てていたままでしょうから、挑む姿勢からして問題があったかな。。

わたしがサブ4になったときは、より走力が上の人たちから駅伝に誘ってもらえたりしたのがうれしくて。世界が広がったなあと感じましたよ、サブ3.5ならもっと世界が広がりそうな感じしますが如何でしょ。

もはや今更恥ずかしい話なんだけど、まだランの世界に戻るのあきらめてないのよ。
ブログには書いていないんだけど、治療も続けていますよ、まだ結果出てないけど。
走りこみの練習ができず、ヒマすぎて引きこもりになりそうなんですが、ぶらりと旅に出たり、お誘いには応じるようにしたり、世間とのつながりを保っております。

だいぶ先になるとは思うけど、マラソンの世界に復帰して会えたときには次の目標とか聞けるの楽しみにしております。かなりの差がついちゃったけど、わたしがランに対する目的を忘れさえしなけばロスした時間は取り戻せると思って。

ともあれ、目標達成おめでとう!
フル、おつかれさま。ゆっくり休んでくださいね。

しろより



用語補足
サブ4:フルマラソン4時間切ること
サブ3.5:フルマラソン3時間半を切ること

スポンサーサイト

岩手県 イーハトーブマスターズ にゆく

今年の夏、奥松島のオープンウォータスイムの大会にて。岩手在住のトライアスリートshizuさんから次のレースのお誘いが。

 shizu 「こんど地元岩手でマスターズがありますから、みんなで来てくださいね」
 しろ   「行きたいんですが、わたしマスターズ登録してないんです」
 shizu 「私の通っているスポーツクラブ『アクトス』で登録して出ましょうよ」


マスターズと言うのは、18~24歳、25歳以上は5才ごとに区分して100才までにわたって水泳競技を楽しむ水泳団体です。日本では4万人を超える登録スイマーがおりますが個人での登録は出来ないので、チームに所属する必要があります。

わたしも『アクトス』でマスターズ登録をして頂き、イーハトーブマスターズに出場しますよ。いつもお世話になっている横浜組のIさん、Mさん、Hさんとそのお連れ合いさまの5人で岩手遠征へ行ってきました。
PB212382.jpg
やってきました岩手県。会場のある盛岡駅についたで。気温0度、寒いです。

さて、とりあえず腹ごしらえをしよう・・・ 岩手と言えば海の幸と山の幸。まずは海からかな。
PB212385.jpg
回転すし、清次郎で昼ごはん。札幌のお寿司と食べ比べてみよう。

夜にみんなに会いますが、それまでは一人なのでレンタル自転車を借りて市内をうろうろ。
向かったのは福田パン。お金のない学生にパン1つと牛乳で腹いっぱいになって欲しいと創業者の先々代の想いが込められた大きなコッペパンでした。1948年の創業以来、地域に愛されたパン屋だそうです。
PB212394.jpg
岩手県民のソウルフード、福田パン。2番人気のジャムバター(135円)

フリーマーケットが開催されているようなので、行ってみることに。
PB212397.jpg
材木町で開催される「よ市」。冬期をのぞく毎週土曜日に開催中

PB212398.jpg
年配者が多いし、元気です

PB212400.jpg
りんごうまそう。果物・魚系が多いですが、焼き鳥とかもあります

さて、19時に横浜組Iさん、Mさんと、岩手組shizuさんと合流して、スポーツクラブ「アクトス」へ。カウンターには奥松島OWSでチーム組んだH川さんや、お世話になったNさんも。お久しぶり元気ですかー!
プールを借りて明日の大会に向けて調整です。わたしは去年身体を壊してから 「腰痛い・足痺れている・あんまり泳いでいない」 の、ヘナヘナ状態なので、競泳出身であるIさん・Mさんのマジ泳ぎを見ながら足ヒレを付けて遊んだり、ジャグジーでゴロゴロ。
PB212408.jpg
shizuさんのわんこ「倫ちゃん」。 コーギー、オス、4歳。めちゃ元気でかわいい。

さて、夕飯食べますか。アーケード街に移動してご飯屋を探します・・・
PB222422.jpg
「ここ一軒で岩手県」 の素晴らしいキャッチコピーに魅かれ、ここで夕飯を食べよう

お寿司大好きなので、また注文。おいしいよ。
PB212416.jpg
白身の握りと、イクラ盛りを頼みます。イクラ盛りは地味に量が多いです。

びっくりしたのが野菜のおいしいこと。
岩手って土地が広大で農作物もよいものがたくさんあるとは聞いていましたが、こんなに野菜がおいしいなんて驚きです。
PB212415.jpg
一同をうならせた「白ねぎ一本焼き」(280円)。 なにこれ超うまい!

PB212418_20091125013007.jpg
同じく絶品「鬼の大根オロシ」(280円)、渋みがなく、これまた超絶なうまさ。岩手すげえ。

どのメニューも美味しいですが、その中でもネギと大根おろし の旨さが天を突き抜けています。新潟は米が美味しかったけど、岩手の方はこんなうまい野菜を食べているなんて。
明日はレースだと言うのにドカ食いしてしまった、もう深夜0時を回っています、翌日に備えて寝なくちゃあ。

翌日はタクシーで会場入り。
今日一日お世話になるアクトスのメンバーにご挨拶、なんと39人も参加している大型チームです。
わたしは400m自由形、100m自由形を泳ぎます。あとはアクトスのメンバーと100mリレーに参戦しますよ。
PB222443.jpg
会場についたで、今回の遠征のメインです

PB222450.jpg
ブログ用に、ちゃんと事務局から撮影許可証を取りました

深いプールは初めてだし、飛び込みもターンもなれていなく(海ではどちらも出てこないので)、400m自由形はトホホの8分台。ベストは6分台なので、ずいぶん遅くなっちゃった。でも100m自由形は1分31秒、ちょっとはがんばったぞ。
100mリレーもわたしが第一泳者を担当してぶっちぎりの遅さ。チームの3名には申し訳なかったのですが、リレー特有の緊張感を久々に味わいました。マラソンやってたときの駅伝によく似てます。
PB222425.jpg
Iさんが新しい水着で50m背泳ぎにエントリします。がんばれー

大きい会場なんで、わたしの泳ぐのなんか見られていないと思ったのですが
「係員にあと何本か聞いていたでしょ」「100フリ、後半流して泳いでたよね」「飛び込みしてたね」「あのタッチは水連だと泳法違反」とか、意外に見られていて(汗)。
電光掲示板に名前と所属団体名がでるからかな、確かに知っている名前が表示されると見入って応援してしまいますよ。
PB222461.jpg
この大会はレースが45種目もありますが、テンポよく進みます。みんな飛び込む

初めてのマスターズ大会も終わり、「アクトス」のメンバーは居酒屋で打ち上げと言うので仲間に入れてもらいました。
PB222470.jpg
打ち上げですよ、この部屋奥まで全員です、30~40人くらい参加しとります

あ・・・ この飲み会の雰囲気、すごく懐かしい。
アクトスは今日会ったばかりのチームなんですが、アスリートと言うかスポーツやっている人のオーラはどこのチームも同じだなあと。この心地よい空気感、かつて自分が所属していたランチームとまったく同じでした。故障してから距離を置いてしまいましたが、みんなは元気かなあ、こんど会いに行ってみようかな・・・ なんてちょっとセンチに感じました。
PB222472.jpg
お土産「いか徳利」を貰っちゃいました、Nさんありがとう。

いろんな方と挨拶してましたら、わたしのブログ読んでいる方がいらっしゃり 「しろさんでしょ」 って声かけられてびっくり。わたしのトホホブログが岩手で読まれているなんて、ありがとうございます。いろいろ話して、そのまま皆さんと二次会へ行くことに。
PB232479.jpg
二次会ですよ、パフェ登場。みんな笑っててたのしそう。

PB232480.jpg
お店の方がインスタントカメラで記念撮影してくれました。

岩手の人は温かいですね、新参者なのにものすごく親身に迎えてくれました。わたしも岩手に住みたくなってきましたよ。深夜1時半くらいまで飲みまくって、宴終了、お疲れさまでした。

翌日は関東メンバーで岩手観光です。小岩井農場へ行ってみました、冬シーズンは入場無料ですって。
PB232491.jpg
横浜からの遠征組、5人で周りますよ。

羊の毛刈りを見学。手馴れているせいか、羊も暴れずおとなしい。
PB232497.jpg
ちょこん。

PB232500.jpg
頭も刈ります・・・ あらら、羊って抵抗しないのね

PB232504.jpg
小岩井農場はこんな感じですよ。曇り空が晴れてきました。

PB232511.jpg
SLも置かれています、雨が上がって虹がかかってるのをパチリ

その後は雫石の日帰り温泉に入り、休憩室で昼寝してゴロゴロ。
夕飯にはみんなでわんこそば行きました。わんこそばって一人では行きずらくて、ずっと食べれなかったのですが、今回はshizuさんもわんこそばに駆けつけて頂き、6人でいけるなんて嬉しいです。
PB232519.jpg
ようやく人生初、「わんこそば」 6人で挑戦です

15杯で1列、普通のそば1人分とのこと。
テンポ良く継がれるので、気が抜けません。
PB232520.jpg
どんどん盛られる。地味にプレッシャーかかり、最初は結構あせります。

70杯くらいから苦しくなってきます・・・ 100杯超えて結構厳しくなってきました。アスリートの世界だと 「ここからが本当の戦いです!」 なんていわれそうで、せっかくみんなで来れたんだしもう少しがんばって食べてみることに。
PB232522.jpg
わたし155杯食べました、約10人分に相当。苦しいけど、面白かったよ。エンターティメントです。

横浜組のみなさん、わんこそば付き合ってくれてありがとね。みんなで食べれて楽しかったです。
shizuさんへ、イーハトーブマスターズに誘ってくれてありがとね。おかげさまで初めてマスターズの世界を知ることが出来ました。
そして新参にも関わらず、暖かく迎えてくれた岩手の方々に感謝を、アクトスはいいチームですね。また次の大会でお会いしましょう、わたしも身体治さないとなあ。

仕事にて札幌出張へ

ちょっと前、札幌出張に行きましたが、その続きです。
営業の努力とこちらの後方支援の結果、競合他社に勝ちなんとか受注までたどり着きました。
詳細仕様をまとめるため、再度札幌へ行くことに。

PB042312.jpg
再び羽田空港へ向かいます。飛行機で新千歳空港に行きますよ。

この便って確か国際線仕様の機体だった気が・・・ 自費でクラスJへ変更してみる。
PB042314.jpg
JALスカイラックスシートだ、国際線ビジネスクラス相当です。わたしにはめちゃ立派。

国内線機材のクラスJよりかなり高級感があり、なんか偉くなった気分すらしてきます。広いスペースでパソコン開いて資料作成しとりました。
札幌に着きましたが、すぐに打ち合わせがあるので、チェーン店のラーメン屋で昼ごはん。ちなみにこのチェーン店は羽田空港にも出店しとりますから、なにも札幌で食べなくてもと言うのはツッコミなしで(そんなツッコミ無いか)。
PB042323.jpg
味噌バタコーンラーメン(900円)。美味しいけど微妙に高いのが残念。

客先に入り、複数の業者から16人も集合して会議開始。
以下、休憩もなしで20時過ぎまで延々と会議が続きます。しかもそれでも終わりきらず、翌日に持ち越しに(汗)。ウチの会社からはわたし入れて3名でしたが、緊張感のある内容に全員ぐったりしてしまい、明日に備えて飲み歩くことはせず他2名はホテルへ帰ってしまいました。
またしてもわたし1人になってしまったので、疲れた脳みそへの糖分補給として甘いもの食べてこようと小樽へ。電車で30分ほどです。
PB052338.jpg
イタリアンのお店です、パスタとかピザとか。

小樽といえばお寿司なんですが、カウンターだと3000~5000円位が相場みたいです。もはや一人でそんな豪華なのも切ないので、以前から食べてみたかったパフェを目当てにきました。ベリーベリーストロベリーと言う店の「ベリーベリーストロベリー」と言う店名を命名された冠商品のパフェです(1450円)。
内部は3段組でありまして、下のベースにはプリン、2段目はバニラアイス、3段目はイチゴシャーベット。周りを生クリームでデコレーションして上部にパイを乗せてます。量としては2~3人分でしょうか。
PB052332.jpg
どーん。とても美味しいですが、クリスマスツリーを前にして1人で食べるのも。。

この一品を食べに小樽まで来ましたよ。一人だと止める人がいないので行動に制限がなく(汗)。
いやはや、パフェって身体冷えるのね。スーツ着て大型パフェを1人で食べているのはちと視線も痛く。それでもランナー時代なら甘いものとか身体が欲したんだけど、今はそれほど糖分を欲しない身体になっちゃったなあ。身体を壊してからは失ったものも多くて切ない気分に。

さて翌日。会議の人数はちょっとは減ったものの、それでも12人が参加。相変わらず熾烈な会議で、またしても3人ともグッタリ。もう夜だし最終便で東京に帰ろうかと言うところにて、せめて3人で軽く夕飯くらいして帰ろうよと思い

 しろ(開発) 「せっかくだから、みんなで夕飯でも食べましょうよ」
 営業マン   「・・・うーん、かなり疲れたからなあ」
 営業支援  「なら、札幌駅に立ち食いのすし屋がありますからそこで軽くどうですか?」
 しろ(開発) 「そんなのあるんですか、面白そうですね」


PB052349.jpg
札幌駅の構内、改札のすぐ近く。立ち食い寿司処ですよ

ネタは1貫当たりで80円~400円とリーズナブル。
食べてみると ・・・う、うまい。 赤身のマグロがまるで中トロのようだ。ネタの質がいいんだなあ。
あとは腕も良いんだと思います、ご飯が口の中でバラける具合がなんともちょうど良くて。ウニとかボタンえびとか高いネタまで食べまくって2300円でした、話好きなマスターの人柄もあり実にいい店だ。
PB052352.jpg
マグロ1貫(150円)、うなぎ1貫(80円)、とってもうまいです。
 
みんなで食べたから余計おいしかったのかな。札幌来たら毎回立ち寄ろうと思いました。
さて、関東に帰って報告書まとめるかあ。。

宇都宮で島旅の話をしよう

一ヶ月ほど前に旅した沖縄の大東島。
南大東島から北大東島へ船で渡るため、フェリー乗り場に向かう車内で宇都宮から来た方一緒になり。実はこのかた観光客なのに大東島の観光大使を任命されておりまして。

 しろ 「すごいですね、宇都宮に住んでて観光大使なんて」
 大使 「島はほかにも行きましたよ、八重山の有人島なら全島制覇してます」
 しろ 「ではこんど宇都宮行きますから、島情報をいろいろ聞かせてくださいな」


その後、島情報交換するならお互い島好きな友達を呼んで飲み会しましょとなり、それが今日であります。わたしは式根島アクアスロンつながりのsatomiさんをお誘いしました。一度も会った事ないのですが、快く来ていただけることに。

今回お初のsatomiさんと新宿で落ち合い、おしゃべりしながら鈍行で宇都宮へ。
satomiさんはかつてのわたしと同じウルトラランナーの属性を持ちますが・・・ 先月の月間走行距離がなんと600kmと言うスーパーな方、わたしまったく勝てません(月間300kmが最高です)。すごい人が登場したなあ、わたしも腰が痛いとか言ってないで早くランナーに復活したいなあ・・・

さて。satomiさんとおしゃべりで盛り上がるうちに、宇都宮駅に到着。
大使と久々の再開、元気でありましたか? 大使が宇都宮の名所案内してくれまして、車で連れてってくれた先は「大谷資料館」
宇都宮は「大谷石」の産地。大谷石は建材・防火壁・石垣・門柱などに利用されるほか、パン釜やピザ釜などにも使われます。そんな大谷石採掘の歴史資料が学べる資料館ですよ。 
PB032292_20091114004046.jpg
「大谷資料館」についたで

資料館の階段から大谷石を切り出していった採掘の現場見学ができます。
ひんやりと肌寒い階段を降りて行ったその先には、想像をこえる広大な地下空間が。。。
PB032265_20091114015846.jpg
ええっ、こんな広いの!? 巨大な地下空間にびっくり!

PB032272.jpg
すげえぇ・・・ あまりのスケール感に、ア然とします。天井も高いなあ。

ダメだ、暗すぎてデジカメにうまく写らないや。
記念撮影だけフラッシュを炊いてと。あとは雰囲気を出すために、、ここからはカメラのシャッター速度を落として撮ってみました。
PB032285.jpg
まるでピラミッドの中みたいです。本当に日本なのか、ここ。

PB032286_20091114005210.jpg
天井の高さに驚き。 とにかく広い地下空間にボー然です

いやはや、ただただびっくり。
すごいです、ここがすべて石を切り出したあとの空間だったなんて。面白かった、ここは良い観光名所だなあ。お土産屋でいろんなものを見たあと、大使が外のベンチでお茶にしませんがと提案してくださいまして。
PB032293_20091114015423.jpg
外でお茶するらしい、閉店したお土産屋街を歩く

PB032295.jpg
なんかもう、いろいろな物のスケールがデカイ

景色の良いベンチでお茶タイム。大使が栃木銘菓を買ってきてくれて、みんなで食べました。わたしも長野で買ってきた栗のお菓子をお返しにプレゼント。ランナーのsatomiさんには沖縄黒糖をプレゼント、ミネラル取ってくださいね。
PB032300.jpg
栃木銘菓「かりまん」。お饅頭を揚げたお菓子です。おいしい。

PB032305.jpg
お昼には「太陽のカフェ」でランチ食べました。

PB032306.jpg
宇都宮といえば餃子ですが・・・ 人気店は行列なので、お土産用冷凍餃子を購入

さて、夕方から沖縄料理屋でメインの島情報交換(と言う名の飲み会)ですよ。
お店にて飲み会から参加される方とも合流し、いろいろとおしゃべり。みなさん旅慣れして体験豊富な参考になる話ばかり。メモメモ。
PB032308.jpg
沖縄料理屋で飲み会開始。5人でかんぱーい。

大使は旅写真をいろいろ持ってきてくれて。離島では阿嘉島(慶良間諸島)の写真がキレイでした。わたしも行ってみたいなあ・・・でも、また一人で旅に行くのも微妙だなあ・・・
なんて思いながらページをめくっていたら、わたしが大東島ですごく会いたかった「大東犬」の写真が写っていて。すごく可愛いです、大東犬は大東島の地犬ですが数が少なくて絶滅危惧種になっています。
PB032309.jpg
わたしが会えなかった大東犬。足の短いのが特色ですよ、会いたかったなあ。

さて、楽しい飲み会はまだまだ続きますが、夜8時、わたしとsatomiさんは神奈川・東京へ帰ることに。satomiさん、一緒に宇都宮まで来てくれてありがとね。
大使へ、大谷資料館の案内、お茶菓子の用意、飲み会の手配など、本当にありがとうございました。とても楽しかったです。次回は埼玉で鍋パーティが出来るといいですね。楽しみにしております、また島の話をしましょ。

週末は新潟にいます

長野県でのキノコ狩りの翌日。新潟を旅してみたくなりなりました。
新潟って何があるのか事前にまったく調べてきませんでしたが、浜焼きが食べたくなり寺泊へ行ってみようと思いつきました。
寺泊は新潟県長岡市にあります、漁業も盛んで海産物の市場であるアメ横市場が有名なところ。

PB012183.jpg
直江津で乗り換え、JR東日本とJR西日本の境界駅。思えば遠くへ来たもんだ。

この後、予定では柏崎駅で越後線に乗り換えて、寺泊駅へ向かいます。しかし、柏崎で90分以上の乗り換え待ち時間が判明。さらに寺泊駅から新潟に向かう際も数時間の乗り換え待ちが、電車だと時間がかかりすぎることが移動中に判明(汗)
PB012197.jpg
「快速くびきの」乗車中、日本海が見えてきます。柏崎はもうすぐです。

こんなに接続が悪いなんてどうしよう。ほかに方法はないものか、快速の車内で作戦を考えた

(1)柏崎駅で降りてレンタカーを借り、柏崎→寺泊→新潟
非常にいい案で、寺泊のほかに新潟の豪農屋敷へ寄って見学もできる。しかし電話で聞いたところレンタカーの乗り捨てに追加4200円も。コストがかかりすぎるので却下。

(2)どっかの駅で降りてバスで寺泊へ行く
調べると長岡駅から寺泊行きのバスが出ていた。運賃740円だが、電車で行くよりも30分は早くつく。時は金なり、これにしよう!

結果から言うとこのバス乗車は大正解。寺泊駅から魚のアメ横までは車でも10分くらいかかることを知らなかったので、最初からバスで行けたことは運が良かったです、ナイス判断>わたし。

PB012206.jpg
長岡駅からバスで「魚のアメ横」へ直行。車窓からの田畑が米どころ新潟を感じさせます。

そんなこんなで、ようやく着いた寺泊の「魚のアメ横」。
PB012212.jpg
こんな感じ。観光客でごった返し。観光バスが次々到着してきます。

PB012219.jpg
色んな魚が売っております、市場を眺めるのは楽しいですね。

さて、わたしの目的の浜焼きはこちら。
PB012220.jpg
すべて串焼きですよ、そのまま食べられます。

PB012215.jpg
ゲソ揚げとかカップに入ったタイプもありますよ

PB012217.jpg
サバの串焼きとかサイズがおかしいです。串に刺す大きさを超えている気が・・・

PB012225.jpg
まず赤魚(400円)を食べてみます。皿代わりの紙や、お箸も渡してくれます。

PB012227.jpg
続いて、えびつくね(250円)を食べ。つくね大好き、カニつくねもありましたよ。

PB012228.jpg
カニ汁(200円)を飲み、メチャ熱くて暖まります。

PB012230.jpg
カレイ(250円)を食べますが、うーん、食べ過ぎた・・・

ちなみに店先では今一度焼いて暖めてくれますが、そんなに芯までは温まらないので、熱々のを食べたければ2階の食堂などのほうが良いかと思います。あくまでもこの雰囲気で食すところが現地ならではの楽しみかと。

さて、新潟駅に向かおう。
寺泊駅を経由していくには時間ロスが多すぎるので、さっきのバス停から燕三条駅(新幹線の駅)へ向かいます。日曜日のバスは1日に数本しかなく、バスにはわたし1名のみの乗車でした。話好きな運転手さんで色んな話をしてくれました。

「私が小さいころは雪が2階まで積もって、2階の窓から出入りしたもんだけど、近年はそんなことないね。温暖化の影響かな」
「新潟のイタリアンは焼きそばにミートソースをかけた物でね、カレーをかけたものはカリーナって言うんだ。小さいころは普通に有ったけど、最近はあんまり見ないな」
「水田や畑が多く、風が吹きさらしでハンドル取られるんだ。みんなバスは(風に)強いとか思っているけど、長方形だから効率良く風に当たってね、すごく気を使うよ」
「ここの道は細くて、対向車が来たらアウト。初めて運転したとき道を間違ったかと思ったよ。もう何年もこの路線を運転しているけど、このバス停でお客さんを乗せたことは1度もない」

PB012236.jpg
その狭い道がこちら。確かに細い道です。

話はだんだんヒートアップしていき、バス好きの青年が乗ってきたときの話とか、地元の燕市の話とか。愛と毒のある辛口トークで、メチャおかしく大笑い。地元の人との話は面白いです。バスには40分ほど乗り、燕三条駅で下車し、新幹線で新潟駅へ。

PB012246.jpg
午後3時、ようやく新潟駅へ到着。しかし、雨が降ってきました・・・

夕方から結構な雨風になってきました。せっかくの新潟ですからレンタル自転車(3時間100円)を借りて走り出すことに。しかし、風が強すぎて100円ビニール傘の骨が折れてしまった。こりゃイカン、強風の中を片手運転は危険ということで市内観光はあきらめて戻ることに。
PB012254.jpg
重要文化財の萬代橋。雨が強くズボンも靴も濡れてしまい、トホホ状態。

服を乾かすのを兼ねて、新潟のイタリアン食べよう。
万代バスターミナルにある「みかづき」へ寄ります。こちらは焼きそばにミートソースがかかっている、新潟県民のソウルフードです。どちらかといいますとファーストフード系で軽食・おやつ的なものでしょうか。
PB012255.jpg
「みかづき」のイタリアン(320円)、店内には学生・OLさんが沢山いました。

さて、新潟ご当地グルメといえば「たれかつ丼」も有名です。
卵でとじるのではなく、ソースでもなく。醤油ダレにくぐらせてご飯の上に載せます。キャベツなどほかの具材はありません。甘めの醤油ダレはさっぱりとカツを頂けます。
しかし、特筆すべきはお米のおいしさ。もう米粒が光り輝いています、「さすが新潟の米だ!」と、いえるほど立派なものでした。
PB012256.jpg
たれカツ丼、700円。沢山のお店で提供されております。

新潟ではお酒も多く売っていて、試飲とかどんどん勧められます。わたしは下戸なのでのめないのが残念なところ。面白かったのがお酒が96本セットで売っています、お酒好きの方、飲み比べ用にいかがでしょ。
PB012253.jpg
新潟県の全蔵元96銘酒をセットにして15万円で販売中(4合瓶サイズ)。

長野ではキノコを食べて、新潟ではお寿司も食べずに、浜焼き・イタリアン・たれかつ丼とB級グルメに徹した今回の旅。なんか食べてばっかりな気がします、やはり長野・新潟を一泊二日ではちょっと忙しくてもったいなかったかな。
さて、もう19時ですからそろそろ帰ろう。新幹線「とき」にて一気に東京へ、明日から仕事頑張るかあ。

PB032257.jpg
今回のお土産、米どころなので米菓に。ごくうす焼きもチーズ味ですよ、チーズ大好き。

【長野・新潟一人旅 おしまい】

長野県へキノコ狩り にゆく

今春に山菜取りに行きましたが、実に面白かった。
その際に、「秋にはキノコ狩りがあります、キノコ鍋も美味しくてお勧めですよ」 と、伺い。
それじゃあ、秋にまた来ますということで、その秋が到来。土日を使って、お一人さまで長野へ行くことにしました。

PA312109.jpg
長野新幹線、あさま501号(写真左)で出発。 東京駅始発です、眠い・・・

長野駅から、在来線に乗り換えて30分。さらに車で移動。
PA312169.jpg
現場へ向かいます、ススキが多いです。最近ススキって見てないなあ。

前回、山菜取りの際にお世話になった名人にご挨拶。周りはグループ、ファミリーなど。
PA312112.jpg
キノコ狩りツアー。参加者12人ですが、ソロ参加はわたし一人(汗)。

キノコを探し始めて、一つ目のキノコを発見。
 しろ 「きのこ見つけましたよ、微妙に黄緑かかってますが」
 名人 「それは、毒キノコです。採らなくていいですよ」

PA312114.jpg
キノコ発見! ニガクリタケです。スタートからいきなり毒キノコ・・・

 しろ 「なんか、おっきいの見つけました!」
 名人 「それは、育ちすぎて食べられません」

PA312115.jpg
さらにキノコ発見! ササクレヒトヨタケ。傘が開きすぎてダメとのこと

 名人 「鮮度は裏で見るんですよ、黒ずんでいたり、ヒダが弱々しいとかはダメです」
 しろ 「ほんとだ、手で千切るとボロボロと崩れますね」
 名人 「さらに鮮度下がると、腐って解けていきますよ」

PA312116.jpg
一晩で大きくなり、すぐに腐ってしまいます。山菜もキノコもタイミングがシビアだ。

PA312119.jpg
山の中をどんどん進みますよ

 しろ 「このキノコ沢山ありますね、白くて水気が多くて瑞々しいな」
 名人 「それは不味いから採らなくていいですよ、どんな調理でもダメでした」
 しろ 「それでこんなに残っているんですか・・・」

PA312121.jpg
クヌギタケ、不味いらしい。毒→腐りかけ→不味いと続いています・・・

PA312123.jpg
沢線を進行中。足元は小川が流れています、長靴って便利だなあ。

 しろ 「きのこはどんな環境を好むんでしょうか?」
 名人 「適度に日が当たり、影にもなるところ。じめじめしているけど風通しが良いところかな」
 しろ 「あらら、けっこう条件がたくさんあるんですね」
 名人 「東南角部屋で駅近くで、日当たりが良いとこを好む人間も条件が沢山ですよ」


PA312124.jpg
なんかいっぱい生えてる。名前忘れちゃった。。。

PA312127.jpg
マムシグサ。赤い実に神経性の毒あり、食べると泡を吹いて倒れるとのこと。

かつて食べられていた一般的なキノコでも、最近になり中毒例がある場合があり、図鑑では毒キノコと扱われているものも。食べられるが要注意と言った物でしょうか。
PA312128.jpg
オシロイシメジ。一部の図鑑では毒扱いですが食べても大丈夫でありました。

PA312133.jpg
クリタケ。これも一部の図鑑では毒キノコ扱いですが、鍋に入れて食べました。

PA312138.jpg
チャナメツムタケ。鍋に入れると良い出汁が取れるとのこと

PA312140.jpg
スッポンタケの帽子がないもの、名人が本で全体の姿を見せてくれます。

 しろ 「わたしだけあんまり採れません、どこを探せばいいでしょうか」
 名人 「探すポイントは地面と木の切株になりますよ」
 しろ 「木の根とかはどうですか?」
 名人 「新しい木は硬くてキノコが育たないんです」
 しろ 「コケとかが生えてる倒木はどうですか」
 名人 「コケが全面に生えると、キノコが育つ栄養がなくなるのであまりいないです」


なるほど、地面と切株かあ・・・どれどれ・・・
PA312143.jpg
おおぉ、クリタケがたくさんだ! いきなり見つかるようになる

PA312151.jpg
わたしはこのくらい採れました。慣れている方はカゴいっぱいに採っています。

キノコの基本として、確実に無毒と分かっているもののみを食べること。
非常に似ているキノコもあるし、育つ過程で雰囲気が変わるものもある。あと胞子同士が別の種類と掛け合って結婚し、変に紛らわしいキノコが誕生することもある。
ちょっとでも怪しかったりしたら、悩んでないで捨てること。初めての地域では地元のひとに食べれるか聞くなど、とにかく注意してほしいとのこと。
PA312154.jpg
左の茶色は食べられます。右の白(実際には淡い黄緑色)は毒キノコだって

PA312159.jpg
みんなで仕分け中、そのまま夕飯の食材になります

夕飯はキノコ鍋。 以下10種類のキノコが入ります。
オトメノカサ、チャナメツムタケ、シロナメツムタケ、オシロイシメジ、クリタケ、ナメコ、カタハ(ムキタケ)、ハタケシメジ、カラマツキンタケ、スッポンタケ。
10種でもすごいと思うんだけど、名人は30年キノコ採りしてて、今年は種類が少ないと嘆いていました。夏に大雨が続いて、その後雨が降らなかったのが影響しているみたいとのこと。
PA312170.jpg
どーん。夕飯にはキノコ鍋ですよ

おおぉ、これがキノコ鍋ですか。キノコがメインの鍋って初めてですが、おいしいです。
カロリーが低いのを考えると、なんてわたし向けなのかしら。 「きのこから出汁がでますから、最後のほうがおいしいですよ」 と、名人。
いやあ、旨かったです。歓談しながら、キノコクラブなるものが各地に点在していて、神奈川にもあると教えてもらいました。行ってみようかしら。
PA312175.jpg
こんな感じ、今日はたべまくりだ。鶏肉の油と良く調和してます

名人に昔と今で変わったことがないか伺いました。
「温暖化のせいか少しずつ暖かくなってきています、暖かくなると生える木が変わり北上してしまうんです。例えばブナが北上すれば、そのブナにつくキノコも変わります、つまり採れるキノコが変わってしまうんです。だからキノコが分かると、自然界の変化がわかるようになります。それがまた面白いんですよ」

なるほど、自然界の変化がわかるようになるとは壮大なテーマだ。
食べておいしいのもいいですね、ベテランになるとコンロとワインを山に持っていって、摘んだキノコをその場で焼いて食べるみたいです。

PA312125.jpg
山の幸たっぷりの長野県はいい天気でした、長野の紅葉はもう終わりかな

さて、朝も早かったし、早め目に就寝しました。
翌日、このまま長野で遊んでもいいのですが、お隣の新潟県へ行ってみたくなりました。新潟県ってスキー場しか行ったことないから、これから少し回ってみようかと思います。
PB012177.jpg
信越線にて新潟入りしますよ、新潟県はどんなところなのかな。

【次回、新潟編へ続く】

«  | HOME |  »

プロフィール

「しろ」

Author:「しろ」
住まい: 神奈川県
年齢: 30代
趣味: カフェ巡り・パン屋巡り
    離島や海外で遊ぶこと
好物: カステラの茶色いところ
    ホットケーキ
    フレンチトースト

フル:    3時間43分
ハセツネ: 19時間19分
5000m走: 20分12秒
5000m海:  2時間2分
400mFr:   6分59秒
100mFr:   1分30秒

マラソン、トレランは5年目。
海泳ぎは3年目。
ブログ歴3年目。
故障歴2年半(継続中)

サロマ湖100kmウルトラマラソン完走をめざして走り始めました。2004年のホノルルが初マラソン。
住宅地でラン練してもつまらないので、近くの高尾山を走ってたらトレランの世界を知り、2005年からハセツネにも参戦。同じ年にニューヨークシティマラソンで出会ったラン友から海泳ぎの世界を教わり、遠泳にもハマリ中。

しかし2年前から左足の痺れと腰痛が。どうやら坐骨神経痛らしいです。痛くて走れず泳げず、すべての練習を中止。
練習もできず大会も出れず体重は+13Kg増量中・・・ あまりにもヒマなのでそこら辺をプラプラしております、気づけば47都道府県のうち46まで制覇中。



このブログはリンクフリーです
コメントあると嬉しいです

■■2011年参加大会■■
なし

■■2010年参加大会■■
3/13 東京エンデューロ
5/16 ホノルルトライアスロン
7/25 ビックスイムinトーヤ
9/4 式根島アクアスロン

■■2009年参加大会■■
1/11 有度山ロゲイニング
1/18 ジュニアチャンピオン大会
3/1  サン・スーシ大会
3/29 奥武蔵レクロゲイニング
4/5  青梅高水山トレイルラン
4/11 エクストリーム那珂川
5/31 ARJS三浦横須賀
6/20 式根島アクアスロン
8/2  四万十川水泳マラソン
8/16 奥松島OWS
8/23 姫路家島OWS
8/29 湘南OWS
11/22 イーハトーブマスターズ

■■2008年参加大会■■
1/20 フロストバイト
3/9 大山登山マラソン
3/16 湘南国際マラソン
3/23 新城トレイルレース
4/6 青梅高水山トレイル
4/13 ロンドンマラソン
4/20 かすみがうらマラソン
4/29 横浜駅伝
5/18 野辺山ウルトラマラソン
5/25 インターナショナル・ココス・クロッシング(グアム)
6/8 横田駅伝
6/14 座間味ラフウォータスイム
6/22 サロマ湖100kmウルトラマラソン
6/28 式根島アクアスロン
7/6 北丹沢12時間山岳耐久レース
7/12 新島オープンウォータースイミング
7/19 富士北麓24時間リレーマラソン
7/25 富士登山競走
7/27 パンプキン争奪マラソンスイミング
8/3 信州爆水RUN
8/10 湘南オープンウォータースイミング
8/17 富士山クロスカントリー
9/6 エクストリームシリーズ奥大井大会
9/21 せとうちOWS
9/23 ビーチエキデンフェスティバル
10/5 東日本国際駅伝
10/12日本山岳耐久レース
11/8 EKIDENカーニバル西東京
11/30 朝霧ロゲイニング

これら参加大会の記事は下メニューの月別アーカイブの該当月をクリックして読むことができます。

最近のコメント

最近の練習量

今日は何の日?

アクセスカウンタ(2008/05/31~)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

地味に人気のあった過去記事

ツイッター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。