2008-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーチエキデンフェスティバル にゆく

23日は日頃お世話になっている、湘南ベルマーレさんの主催するビーチエキデンフェスティバルに参加してきました。
午前中は海でのスイム駅伝、午後は砂浜のビーチ駅伝。海と砂浜でスポーツを楽しむイベントです。
スイム駅伝はチームエントリなので、中込コーチにお願いしたら同じ泳力レベルの方と組ませていただくことができましたので参加に。ビーチ駅伝は左足故障中のため、残念ですがパス。

DVC00364_20080928001646.jpg
中島ヘッドコーチの司会で幕を開けます。 東京ベルディのチーム来てます、アウェイだ。

さて、スイム駅伝は3人1組でチームを組みます。一人は長水路組で一緒のMさん、もう一人はトライアスロン組のHさん。Hさんとは始めて会うのでご挨拶。
このレースは3人で一緒に1kmを泳ぎ、最後にゴールした人のタイムで順位が競われるレース。うむむ、わたしの責任重大ナリ。
天気はピーカンですが、泳力アップのためウェットスーツを装着します。

DVC00366_20080928001753.jpg DVC00367_20080928001812.jpg
30秒毎に各チームスタート、よーい・・・          どーん!

今回はL字型コース、2つめのブイで右へ曲がるはず、すると前から泳いでくる人が・・・あれ? なんで前から人が?
止まって立ち泳ぎで周りを確認すると、ライフガードのカヤックが大声で「向こう!向こう!」と指さしてます。一つ飛ばしていたようです。まずい! 戻らないと。
海レース12戦目にして初のコースミス。よりによってチーム戦の時に間違うなんて。

なんとかゴールしましたが、20分オーバー。
その後、結果が出ましたが決勝進出は16分以内のようです、コースミスしなくても16分はさすがに無理。もっと泳いで泳力上げないと。
順位決定戦でリレースイム、チームで200mのリレー。最後はゴール前で待って3人でゴールしました。

さて、午後は田町へ移動。
ラン友のNさんが教えてくれた鍼とマッサージの店に行きます。左足の痺れを何とかしないと。
先生が揉んでくれますが、左足の色々なところにシコリが。「これはかなり深い場所ですね」とか「かなりダメージ受けてますね」とか 「30越えたら体の声に耳を傾けてください」 とか。

わたしは10年前に交通事故で4ヶ月入院して右膝を手術していますが、それで左右バランスが崩れて左足に無意識に重心が行き、大会や練習のダメージが左足に蓄積して行ったのでは、と先生の推理。

左足の痺れとは別に 「ここが痛いのはシンスプリントの後遺症ですね」 「え、シンスプリント!? しかも後遺症?」  わたし、いつの間にシンスプリントだったの? どこまで鈍感なのか、いま知る事実。
(※脛骨過労性骨膜炎のこと、下腿内側に位置する脛骨に沿ってうずく鈍痛)
いずれにせよ、一ヶ月くらいはあまり無理しないようにとのこと。ウォーキング、水泳、自転車はしてもいいけど片足接地になるランニングはダメといわれてしまいました。。

ふぅ、一通りガッカリしたから、ご飯でも食べて帰るべさ。品川のアウトバックでステーキ食べよう。
DVC00370_20080928001848.jpg DVC00371.jpg
チーズポテトフライ、チーズ大好き          フライドオニオン、すげー。 量が多いよう

なんかカロリー高いのばっかりですな、まあいいか平日に節制しよう。
Nさんとのんびりおしゃべり。ソフトドリンクお代わり自由なステキなお店です。
あ、ステーキの写真撮り忘れた・・・
スポンサーサイト

せとうちOWS へゆく

週末はせとうちOWS(オープンウォータスイム)に参加。
この大会はスタート地点まで船で移動して、ゴールまで3kmを泳ぐワンウェイ遠泳レース。
船に定員があるらしく、早々に締め切られてしまいましたが、キャンセル待ち入れていたら当選したので一泊二日で行ってきました。

大会自体は岡山県で開催されるのですが、関西のブロ友さんから「岡山と香川は近いよ、電車で30分くらい」と聞いて、飛行機を岡山空港から高松空港に変えました。
岡山は何度か行きましたけど、香川県はプライベートでは始めて。 高松でうどん食べまくるぞう。

さて、お一人さまで行くうどん巡りツアー。レンタカーを運転して、 まずは定番の「池上製麺所」からスタート。
テレビ番組の「どっちの料理ショー」のサッポロラーメン対さぬきうどんで、サッポロラーメンを負かした特選素材、それがここ池上製麺所の手打ち麺。讃岐うどんを全国に広めた功績もある店。
DVC00290.jpg DVC00292.jpg
開店と同時に行きましたが、もう並んでる         店内では弟子が麺を打っている

DVC00294_20080922004929.jpg DVC00295_20080922004949.jpg
ちくわ天追加して、ダシしょうゆで頂く           るみばあちゃんです、とても元気

さて、次は「もり家」。某ランキングサイトでも上位のお店です。
結果から言ってしまうと、この店がわたしのマイベストです。マジおいしい。
DVC00296_20080922005105.jpg DVC00298_20080922005124.jpg
もり家です、帰るときには人だらけでした         ぶっかけの冷、かきあげ追加、ウマー

その次は「宮武」です。
ここで修業したり、師と仰ぐ店がとても多いらしく「宮武ファミリー」と言う店がいくつもあるらしい。その総本山がこちら。映画「UDON」に出てきた有名店、観光バスのコースにまでなってます。
DVC00301.jpg DVC00303.jpg
テーブルには「おろしがねと生姜」がスタンバイ      好きなものをトッピングできますよ

他にも色んな店を食べ歩きました、マジ食い倒れしそうです。
こんなに食べて大丈夫なのか、わたし。

DVC00326.jpg DVC00327_20080922005346.jpg
「こだわり麺や」ぶっかけ+温泉玉子            「味庄」かけうどん+ちくわ天

DVC00354.jpg DVC00356.jpg
高松駅のたち食いうどん+かき揚げ             「かな泉」生醤油うどん

食べてばかりではありません。金比羅山を見学しましたよ。
金比羅山といえば石段です。故障中とは言え一応ランナーですから、ひょいひょいと登ります。
天気が良くて暑いくらい、景色も良かったです。
DVC00308_20080922005530.jpg DVC00310_20080922005548.jpg
階段785段を登ります                  本宮の手前にある旭社、立派だー

DVC00314.jpg DVC00357_20080922005654.jpg
お土産屋にネコもいる                  御朱印も忘れずにゲットしました(300円)

金比羅山のすぐ近くにある、日本最古の芝居小屋「金丸座」も見学しました。
日本人ですから、一度くらい伝統文化である歌舞伎を見てみたいものです。
DVC00316.jpg DVC00317_20080922005753.jpg
マス席に仕切られてます                 舞台下も見られます

さて、レンタカーの返却時間もあるので、高松に帰ります。
ホントは明日も借りてレース会場まで運転して行こうとしたのですが、瀬戸大橋を渡る料金がメチャ高いことにビックリして、1日しか借りませんでした。。

有名店、武内食堂のかしわバター丼を食べに行きます。
すごいボリュームで、ご飯は軽めで三杯くらいありそう。ニンニクと胡椒のたっぷり効いた鶏肉をバターと醤油ダレで仕上げているパワーあふれる一品。
学生とガテン系の方に絶大な人気を持つようで、お客さんは次々にきます。でも、女性客は一人もいませんでした。
DVC00321.jpg DVC00322.jpg
味が濃くて量が多い                   メニュー表には2品のみ、なんて男らしい

そして香川名物と言えば「骨付鳥」を忘れてはいけません。うどんだけではないのです。
有名店「一鶴」へ。メチャ混んでますが、来て良かった、すごく旨くてスパイシー。四国でレース遠征したら、もう打ち上げはこの店で決まりかと思ったくらい、おいしい。
周りのお客は大ジョッキでビールをグビグビ飲んでます、わたしは飲めないので水ですが(汗)。
DVC00323_20080922005940.jpg
今回はジューシな「ひなどり」(819円)を選択、歯ごたえのある「おやどり」(977円)もありますよ


そうだレースに来てたんだ、わたし。 ようやくレース会場である岡山へ移動。
高松→電車で児島駅へ→バスで王子が岳へ→徒歩で3kmほど歩いて会場へ
DVC00337.jpg DVC00353_20080922010236.jpg
瀬戸大橋を通過中ナリ                    景色も風光明媚ですな

レースは船でスタート地点に渡ってから、ゴールに向けて泳いでいく3kmのワンウェイコース。
わたしは左足が故障中なので、ウェットを着て参戦です。

DVC00347_20080922010310.jpg
会場についたで、ようやくレースに遠征していたことを思い出す

DVC00348.jpg DVC00350.jpg
海はこんな感じ、水平線に瀬戸大橋が見えます     女性泳者も多いのです

台風が過ぎたせいか、透明度は悪い、2mくらいか。でも波もなく泳ぎやすかった。水温は25度以上ありそうで、ちと暑いかも。ウェット着たことを軽く後悔。
試しに左足のキックを使うと電気が流れたように痺れます、こりゃ無理か。左足を使わずに泳ぐと地味に曲がってしまい、マメに修正。泳ぎずらいなあ。

無事にゴール。3kmの部、70人中54位、タイムは46分20秒でした。
えっ? なんか強烈に速すぎる気がするんですが・・・潮の流れに乗ったのかな? ホントに3kmあったのかしら。
今回のせとうちOWSで今年の海レースは全部終了、オフシーズンに入ります。また来年が楽しみですよ。

神田「万惣」のホットケーキを食べに行こう

金曜日、免許の更新のため休みを取りました。
午後は趣味のカフェめぐりでもしようと思いましたが、一人で行くのも寂しく。
平日休めると言うSさんに 「お昼とホットケーキ食べに行きませんか?」 とお誘いして、都心へゴー。

ちょい前、「ホットケーキ → 餃子&マーボ豆腐」の順で回ったら各方面から地味に不評でしたので(汗)、今回は学習して食事を先にしました。
お昼の食事をどれにするかかなり悩みましたが、九段下 「魚鐵(うおてつ)」 と言うお店に決定。
元魚屋の方が経営してて、ランチには必ず行列が出来る人気店。ピークを外して13時半に行きましたがそれでも満席。5分ほど待って席につけました。

DVC00275.jpg DVC00278.jpg
特上おさしみ定食(1800円+ライス大50円)      Sさん、しあわせ定食をチョイス(1500円)

実においしゅうございました。色んな刺身が少しずつ盛り合わせてあって楽しい。
他にも焼魚・煮魚の定食もあり、これは近くにあったら間違いなく通ってしまう店だなあ。

九段下から神保町へ歩き、古本屋をめぐり、和菓子店を見て、おなかを少し減らします。
ランナーらしく神田まで歩いて今日のメイン 「万惣フルーツパーラー」 へ到着。
ここのホットケーキは焼き続けて70年の歴史を持つらしいです。
わたしは「長く続いているものには理由がある」と思っています。今回、その理由を見つけてみようと、ようやく食べに行くことができました。

DVC00282.jpg
フルーツホットケーキ(900円)   バニラの香り「アングレーズソース」が付いてます

他にも普通のホットケーキと季節のホットケーキ(今回は栗クリーム)がありましたが、フルーツ屋さんですのでこちらをチョイス。
これが70年の歴史を持つ万惣のホットケーキか。 どれどれ・・・ん? 砂糖が溶けて固まった感じの「ジャリ」って言う食感がとても新鮮で楽しい。
この食感、ただ焼いたのではなく一手間かけてる印象を受けました。何もつけなくても甘くておいしい。添えられたバターやアングレーズソース、付け合せのフルーツなど併せるものでいろんな味に変化していきます。

DVC00283_20080920004117.jpg DVC00284_20080920004135.jpg
別アングルからもう一枚                   こちらはフルーツフランべ(1260円)

フルーツフランべはフライパンにフルーツ入れて洋酒をかけて火を付けます。これ、実際にホールで火をつけてくれる、温かいデザートです。キャラメルソースでフルーツを食べるのが新鮮。
フルーツパフェもおいしい、乗っているアイスクリームが地味に旨いなあ。

DVC00280_20080920004341.jpg DVC00281_20080920004400.jpg
Sさん、フルーツパフェをご注文                 中にはフルーツがたくさんある

DVC00285_20080920004455.jpg
これをぜひとも食べてみたかった! フルーツオムレツ(1350円)

見てビックリのフルーツオムレツ。世の中にはこんなスイーツがあるのですな。
すごーいと、見ててもワクワクする一品でした。中身は・・・泡立てた卵白とカスタードクリームを混ぜたようなものかしら、とても軽い食感ですのでぺロリと食べられます。

DVC00286_20080920004522.jpg DVC00288_20080920004544.jpg
フルーツオムレツ(後側)からパチリ            切るとこんな感じです、ステキ

Sさんへ、お魚定食~古本屋巡り~ホットケーキツアーズ、平日なのにお付き合いくださってありがとうです。
一人でカフェ巡りするよりもたくさん注文できたし、お話も面白いし、お陰さまでとても楽しい一日でした。よかったらまたよろしくね。

霧が峰にてラン合宿

長野県までラン合宿に行ってきました。
お世話になっているランチームの一つRestartでは半年に一度合宿があるのですが、ランナーばかりと言う環境が実に心地よく2回目の参加。

DVC00265.jpg DVC00270_20080915120406.jpg
お世話になったお宿です                   今回は60人くらい参加

6月末のサロマで左足に違和感が発生して、50km地点でリタイア。その後、左足は痺れるようになり練習量を月100キロ越えないように抑えて様子みてました。
それでも快方に向かわず、ヘルニアとか坐骨神経痛なのかなと思って整形外科で見てもらいましたが「なんともないよ」との診断結果。
お医者さまからは運動しても構わないとのこと。じゃあ合宿行くだべさ。

DVC00268_20080915120455.jpg DVC00267_20080915120514.jpg
トレランナーなら燃えてくるコース            ここもコース、高原はいい天気で気持ちいい

今回はクロカンコースです。ウッドチップで足にも優しい。
しかし左足が痛くて走れず。左足をかばいながら無理して走ってみましたが、その結果たくさんの人から「しろ君、体が曲がっているよ」との指摘が。
途中、Mさんがさわやかに抜いて行きます。この前のかすみがうらマラソンでサブ4を出した時に一緒にゴールした方。4ヶ月前まではほとんど同じ走力だったのに・・・やっぱり故障なのか。今日、わずか10kmにて痺れで走れなくなっていました、もう無理だここでストップしよう。練習から外れて見学してました、せっかくの合宿なのになあ。

DVC00266.jpg DVC00264.jpg
松虫草(スカビオサ)が咲いてます              宴会場から部屋飲みへ

宴会では、普段会えない埼玉組の方と交流をしておりました。
あまりの熱気に部屋も暑く、廊下で語りながら飲んでる人たちも。ランナーの人たちは良いですね、前へ進むオーラに満ち溢れています。

深夜2時まで飲んでるのに、翌朝6時の朝錬にはみんな揃ってます。パワフルだ。
がたこコーチ 『朝食が1時間後なんで、走るひと、歩くひと、自由なペースで行きましょう』
そっか、歩いてもいいなら歩こうかな。まだ眠いし。とか思っていると
てっちん監督 『みんな、走るやつは俺について来い!』
さすがです、朝からなんてカッコイイんでしょう、その男気に感心して惚れこんでいましたら
てっちん監督 『キロ15分で行くぜ!』
・・・・監督まだ酔っているようで面白すぎます。

わたしも故障を何とかせなアカンなあ。。「整体・マッサージ・針」に行くと良いよと宴会で教わりましたので、ちょっと探してみようかと。

エクストリームシリーズ 奥大井大会 にゆく

今回はアドベンチャーレースに初参加。
コンパスとコースマップを頼りに、コース上のチェックポイントを巡るレース。環境に合わせて用意されたアウトドア種目をこなしながら前進してゴールを目指す。
今回は、マウンテンバイク、トレッキング、カナディアンカヌーの3種目・・・らしい。

ラン系のお友達に「わたしも連れてってよ」とお願いして、メンバーに入れてもらいました。
このレースは3人1組で参加。3チーム9人で遠征です。

DVC00206.jpg DVC00214.jpg
自転車準備してます、わたしはレンタル品        レース前、自転車スタンバイ中

右の写真、サドルの後ろにパイプが付いて、紐がぶら下がっています。
「なんですか、これ?」「これは崖から引き上げたりとかするときに使うんですよ」
すごー。違う世界に来たなあとしみじみ。

DVC00218_20080907192555.jpg DVC00212_20080907192620.jpg
スタート前の風景                       女性もすごく多い

装備はトレラン系一式、食料やハイドレなど。
あとはヘルメットをかぶり、コンパスや地図を持つところが違うみたい。地図にはCP(チェックポイント)14箇所が赤字で示されています。順番に回らないといけません。

DVC00219_20080907200036.jpg DVC00220_20080907195029.jpg
ゼッケンとレンタルヘルメット(500円)     地図にはチェックポイントが記載

マウンテンバイク、初めて乗りました。
山の中なので砂利道、ガレ場あり。うちのリーダが女性メンバーはてさんをロープで牽引してます。そうか、あのロープはこうやって使うのか。

DVC00222.jpg DVC00226.jpg
コースも緩やか、最初は楽しく走れる        だんだんそうでもなくなる、乗って進むの?ここ

はてさんのバイク、転んだ時に後ろのブレーキがロック状態になってしまったみたい。
リーダは持っていたテーピングでワイヤーを無理やり固定し応急処置。そうか、修理技術も身につけないといかんのう・・

DVC00224_20080907201446.jpg DVC00230_20080907201614.jpg
ロープ登場、牽引してます                  道を外れて、急坂を下ります

結構急です、トレランシューズを履いていても、10数キロの自転車担ぐとずり落ちたり、転んだり。下っている時に分かったのですが、他の人のバイクを見ると、担いで肩が当たるところに事前にスポンジが巻いてあります。なるほど、あの意味不明だったスポンジってココで効果を発揮するのか。

DVC00235.jpg DVC00231_20080907205102.jpg
ひたすら降りていく                 やっとCP2へ到着、リーダがチームNo札を入れる

急坂を下りると、多少フラットな砂利道。
一気に降りていきます、スピードに乗って楽しいです。マウンテンバイクって面白いなあとようやく感じることができました。
バイクが終わると、次はトレランです。山の中へ入っていきます。

DVC00237_20080907205458.jpg DVC00241_20080907205609.jpg
コースはこんな感じ                   いまんところ、普通のトレランコースに見える

しかし、CPは道沿いにあるばかりでもなく、藪の中にもあります。
CP7を探して、リーダが「ココを降りましょう」「えっ、ここですか?」 言われるまま降りて行った先には、1mmの狂いも無くドンピシャでCP7が。
「すごい、何で分かったんですか」「等高線の間隔ですかね、距離は見てないです」  これが地図読みの能力なのか。わたしも地図読みセミナー行こうかなあ。

DVC00261_20080907205834.jpg DVC00239.jpg
CP6のあと、点線を歩いてCP7へ              「ココを降りましょう」(赤矢印)の箇所

このレースは全部でCP14までありますが、CP11に夕方5時までに着かないとレースは途中で終わりになります。
その後、CP9を見つけたところで、制限時間オーバ。残念ですけどあとはCP10を見つけて安全に帰ろう。
そんなで気が緩んだのか、どうも道を間違えたみたい。

DVC00249_20080907220749.jpg DVC00248-2.jpg
藪が深い、ミスコースなのか           ようやく道路に出たけど・・・高すぎて降りられない

高さは6m以上もある、右へ左へ降りれる場所をさがして藪の中を30分ほどウロウロ。
なんとか道路に下りて、つり橋を渡り・・・駅舎に着きます。駅名を見ると・・・えっ? 川根小山駅? それは一つ手前の駅です、かなりハデに間違えたみたい。
リーダ「地図だと、ここからCP10に行く道がないですね」
しろ 「じゃあ、線路伝って行けないですかね」
はて 「電車来たらあぶないよ」
しろ 「時刻表みて、電車の来ない時間狙いましょう」
大井川鉄道井川線、ここの電車は17時すぎで終電なことが分かり、線路伝いに歩くことに。ちょっと楽しい気分になってきました。

DVC00262_20080907222204.jpg DVC00255_20080907222223.jpg
青線で行くはずが、赤線の超大回りに          線路伝ってCP10へ、日も落ちてきました

線路は鉄橋を越え(下が見えて怖い)、トンネルを越え(夜のトンネルは不気味)、かなり歩きました。もうすっかり日も落ちていますのでヘッドライトを装備。
土本駅に着き、CP10へ行くため川へ降りる道が無いか地元の人に確認。川へ入り対岸へ渡ります。水深は腰骨くらい、滑って転んだら携帯が壊れてしまうので慎重に進み、ようやくCP10へ到着。あとはゴールへ向かうだけだ。

真っ暗な中、一時間以上遅れてゴール。先にゴールしたチームメンバも待っていてくれて、無事を称え合い長い一日がようやく終了。
カナディアンカヌーのCPまで行けず、カヌー乗れなかったのが残念ですが、怪我や事故なくてよかった。
仲間にいれてくれたみなさま、ありがとうございました。こんど打ち上げしましょうね。

DVC00258.jpg DVC00250.jpg
先にゴールしたみおんの靴紐がバラバラにほつれ   マップホルダー必須だった、軍手泥だらけ

地図読みを習得して、バイクの修理を学んで、チームの体調を揃えて・・・このレースは色んな能力が必要としみじみ。どんなに速くても強くても、地図読みで間違えないチームの方が速いかも。
道順が示されて、エイドがあるトレランの大会とはだいぶ赴きと趣向が違うと感じた1日でした。


【9/12 追記】
リザルト発表されました。
CP14まで全て回ると「完全完走」です。CP11に夕方5時までに着かないと競技中止なのですが、時間過ぎてもCP11までたどり着きさえすれば「完走」と言う扱いになるみたい。「条件付き完走」ってもんかしら。
CP11~CP14ショートカット、9時間10分。65チーム中40位でした。
okuooi.jpg
ゴールシーンです。先にゴールしたメンバが撮ってくれました。夜なんでヘッドライト装備中です。スタッフの方がゴールテープも用意してくれました。チーム3人が欠けることなく戻って来れました。
みんな、お疲れさま。わたし、トコトン徹底して遊んだ気分ですわ。打ち上げで会いましょう。

«  | HOME |  »

プロフィール

「しろ」

Author:「しろ」
住まい: 神奈川県
年齢: 30代
趣味: カフェ巡り・パン屋巡り
    離島や海外で遊ぶこと
好物: カステラの茶色いところ
    ホットケーキ
    フレンチトースト

フル:    3時間43分
ハセツネ: 19時間19分
5000m走: 20分12秒
5000m海:  2時間2分
400mFr:   6分59秒
100mFr:   1分30秒

マラソン、トレランは5年目。
海泳ぎは3年目。
ブログ歴3年目。
故障歴2年半(継続中)

サロマ湖100kmウルトラマラソン完走をめざして走り始めました。2004年のホノルルが初マラソン。
住宅地でラン練してもつまらないので、近くの高尾山を走ってたらトレランの世界を知り、2005年からハセツネにも参戦。同じ年にニューヨークシティマラソンで出会ったラン友から海泳ぎの世界を教わり、遠泳にもハマリ中。

しかし2年前から左足の痺れと腰痛が。どうやら坐骨神経痛らしいです。痛くて走れず泳げず、すべての練習を中止。
練習もできず大会も出れず体重は+13Kg増量中・・・ あまりにもヒマなのでそこら辺をプラプラしております、気づけば47都道府県のうち46まで制覇中。



このブログはリンクフリーです
コメントあると嬉しいです

■■2011年参加大会■■
なし

■■2010年参加大会■■
3/13 東京エンデューロ
5/16 ホノルルトライアスロン
7/25 ビックスイムinトーヤ
9/4 式根島アクアスロン

■■2009年参加大会■■
1/11 有度山ロゲイニング
1/18 ジュニアチャンピオン大会
3/1  サン・スーシ大会
3/29 奥武蔵レクロゲイニング
4/5  青梅高水山トレイルラン
4/11 エクストリーム那珂川
5/31 ARJS三浦横須賀
6/20 式根島アクアスロン
8/2  四万十川水泳マラソン
8/16 奥松島OWS
8/23 姫路家島OWS
8/29 湘南OWS
11/22 イーハトーブマスターズ

■■2008年参加大会■■
1/20 フロストバイト
3/9 大山登山マラソン
3/16 湘南国際マラソン
3/23 新城トレイルレース
4/6 青梅高水山トレイル
4/13 ロンドンマラソン
4/20 かすみがうらマラソン
4/29 横浜駅伝
5/18 野辺山ウルトラマラソン
5/25 インターナショナル・ココス・クロッシング(グアム)
6/8 横田駅伝
6/14 座間味ラフウォータスイム
6/22 サロマ湖100kmウルトラマラソン
6/28 式根島アクアスロン
7/6 北丹沢12時間山岳耐久レース
7/12 新島オープンウォータースイミング
7/19 富士北麓24時間リレーマラソン
7/25 富士登山競走
7/27 パンプキン争奪マラソンスイミング
8/3 信州爆水RUN
8/10 湘南オープンウォータースイミング
8/17 富士山クロスカントリー
9/6 エクストリームシリーズ奥大井大会
9/21 せとうちOWS
9/23 ビーチエキデンフェスティバル
10/5 東日本国際駅伝
10/12日本山岳耐久レース
11/8 EKIDENカーニバル西東京
11/30 朝霧ロゲイニング

これら参加大会の記事は下メニューの月別アーカイブの該当月をクリックして読むことができます。

最近のコメント

最近の練習量

今日は何の日?

アクセスカウンタ(2008/05/31~)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

地味に人気のあった過去記事

ツイッター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。