2008-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

式根島アクアスロンにゆく

サロマから帰り、出社初日から残業など日常生活にもどるなか、週末を利用して式根島アクアスロンに出てきました。
アクアスロンとは水泳とランの複合競技。今回は1km泳いでから、10kmを走ります。
この日は志賀野反のトレイルレースもあって、知り合いはそちらに出ています。どちらに出るか悩みましたが、泳ぎたかったので一人式根島へ行くことに。
アクアスロンも初めて、式根島も初めてです、どんなところなのかな。

DVC00364.jpg DVC00011_20080630012517.jpg
東京竹下桟橋から久里浜経由で島巡り     これは大型客船、高速ジェット船もあります

昼前に式根島へ到着。宿に荷物をおろして、スタート会場へ。スタートは14時と遅めなので当日入りでもOK。
ウェットスーツを着るので、手の甲にナンバリングしてもらいます。緑のバンドで測定チップも装着。ラン用のゼッケンはTシャツへ。
DVC00370.jpg DVC00375_20080630012647.jpg
ゴール地点です                    準備できました

わたし、マラソンの大会であれば知り合いに誰かしら会いますが、会場では知り合いに一人も会いませんでした(競技中に「しろさん頑張れ」の声援が1件、ありがとうです)。
まわりは明らかにトライアスリート系の体つきの人が多い。わたしトライアスロンはしていないので、違う世界に来たんだなあとしみじみ。
DVC00374_20080630012813.jpg DVC00382_20080630012836.jpg
良いガタイした人が多い               この時期は袖無しがいいのか

しかし、心配なのはスイム→ランに競技が変わるときの着替え(トランジションといいます)。どうすればいいんだ、それ。
分からないなりに色々準備してきましたが、周りを観察することに。
DVC00378.jpg DVC00376.jpg
トランジションエリアへ行く              ほうほう、なるほど。こうするのか

水温は19度。沖の方はもっと冷たいらしく、参加者の安全のため1.5kmのスイムが1kmに変更になってしまった。
会場のスピーカからはウェットスーツ着用を推奨してた。持ってきたウェット着て、入水チェック。
けっこう冷たいが泳げば平気だろう。水もそこそこキレイ。魚もチラホラ見える。
DVC00369.jpg
ここがスイム会場、入り江になっていて穏やかそう

14時にスタート、Aタイプ111人のスイマーが一斉にスタート(距離の短いBタイプ93人は5分後にスタート)。
この大会、海中からスタートする「フローティングスタート」です。泳ぎ始まると・・・周りのスイマーのペースがかなり早い。 げげ、この大会レベル高いなあ。いや、わたしが遅いのか。 
1kmのスイムですが、結構後ろの方になった。500mの周回コースで1周目が12分、2周泳いで浜に上がった時は24分が経過。

トランジションエリアでウェットを脱ぎ、ランパン、Tシャツに着替え、靴はターサーを装着。
息ゼーゼーでよろけながら着替えて、4分もかかってしまう。

ランは5kmの周回コースを2周。いきなり急な登り坂、キッツイのう。
式根島は坂が多く、このコースもスイムの後では結構厳しい。心拍数はかなり高く、汗が一気に吹き出ます。こいつは苦しいレースだと思いつつ、10kmくらい精一杯走ろうと追い込む。
よほど苦しそうに走っていたのか、「16番頑張れー」と、島の人も応援してくれます。

サロマの悔しさをぶつけてやる、と思ってかなり頑張って走り、無事にゴール。
順位は111人中52位、タイムは1時間18分。内訳はスイム1km24分、トランジション4分、ラン10km50分。 あれま、頑張った割には結構おそいのね、わたし。
ちなみにスイムのトップは16分、ランのトップは着替え含み36分です。すごいなこの人たち、上には上がいるもんだ。

ゴール後は後続選手を応援していました。
最終選手がもうすぐ来ますとのアナウンスが入ると、自然と40人ほどの選手が集まり、両手を上げて人間トンネルが出来上がりました。
そう言えば座間味ラフウォータでも最終泳者の為にトンネル作っていたなあ、こちらの世界では定番なのかしら。
DVC00385_20080630013253.jpg DVC00386_20080630013314.jpg
トンネル作りにわたしも参加            最終ランナーを拍手でたたえる

夜は表彰式パーティに参加、太鼓演奏やら年代別表彰もあるので盛り上がっています。
DVC00396.jpg DVC00397_20080630013511.jpg
刺身盛り、おいしい                  煮付けとさつま揚げがメチャ旨かった

あとは簡単に観光しました。
式根島に来たら必ず行くべきといわれる「地鉈(ぢなた)温泉」へ。岩場のいたるところに穴があり、源泉と海水が混じりあって温泉に。水着着用でないと入れない温泉ですので女性も入りやすいかと。
お湯はかなり熱いので、海水がうまく混ざらないと熱くて入れないほど。
DVC00389.jpg DVC00393.jpg
この先に海沿いに温泉があります         海をみながら入ります、と言うか海です

島を歩いてみました。緑が多く、そして岬が多く展望台めぐりなんかも出来ます。
DVC00002.jpg DVC00007.jpg
トレランにちょうどよさそう              神引展望台からの眺め

小さい島なので、走って一周するもの良いかも。林道や海沿いの道ですから変化があって楽しそう。
式根島、一泊でしたがのんびりできました。疲れていたのか12時間寝てました。
刺身・さつま揚げ・煮付け、とても美味しゅうございましたよ。いつか、また。
スポンサーサイト

サロマ湖100kmウルトラマラソン 結果

サロマから帰ってきました。
今回、14人にて3泊4日で遠征しました。現場ではゲストのseachanさんが加わり15人に。
15nin.jpg
写真が届いたので貼ってみました。 サロマ組15人でパチリ。

結果からお伝えしますと、50km地点で関門足切りとなり、完走なりませんでした。
応援してくれた方々、ありがとうございました。いい報告ができなくてごめんなさい。

恥ずかしながら20kmくらいで左足のふくらはぎが張り始めて、30kmではまともに走れないほどに。
数キロおきにストレッチをしたり、塩分補給したり、騙し騙し走り続けました。しかし最後まで回復することなく、50kmの関門に間に合わず4年目、3回目のサロマ挑戦は失敗に終わりました。

正直なところ、サブ4になった今年は大丈夫だろうと思っていました。
走行距離を落とし、疲労抜きも十分にしたのに、なぜふくらはぎにダメージが残っていたのかは分りません。別途、振り返って検証していこうと思います。

収容バスで誰よりも早くゴール地点についてしまったわたしは、着替えを済ませてゴール地点を一人でぼんやり眺めていました。
Restartのたかちゃんが8時間台でゴール、さすがサロマの女王、強い・・
そのあと9時間前半でseachanさんが返ってきました、さすがサブ3ランナー、早い・・
ゴールのあとわたしを見つけて 「ええー? しろさん、なんで??」 一目でリタイアを察知した様子。
彼女は初完走なので、一緒に喜べればよかったんだけど、残念。。

そのあと、ケソさんがゴール。
ゴールのあとわたしを見つけて 「ええっ? なんでそこに・・そのカッコでいるの?」 と、がっくりとその場に手をついてしまいました。
すぐに、でんでんさんもゴールして、わたしを見つけて 「うそー? そんな・・」 彼もまたがっくりとその場に手をついてしまいました。
気かけてくれたのが痛いほど伝わってきます。

ホントは一緒に喜び合うはずのゴールだったのに。 ごめんなさい。
今回完走すればサロマンブルー(10回完走の称号)になるカープさんに水を差してはいかん。ゴールはやっぱり華やかにしておきたかった。この後は少し離れた場所に移動して応援することにしました。

翌朝の朝食バイキング。
わたしの周りのサブ3ランナーを思い出してみると、みんなランナー体型でほっそりしてる。少しやせようかな、バイキングのドカ食いはもうやめよう。
そんなことをポツリと切り出すと、向かいに座っていたMさんが「じゃあ、年末までにダイエット対決しましょうよ」「ああ、いいですよ」 ニンテンドーDSかけて勝負することにしました。

そういえば、naomincさんともサブ3.5勝負を控えているので、ダイエットはちょうどいいかも。
今年のサロマは失敗で終わりましたが、凹んでも仕方ない、前へ進もう。わたしにとっての一年が今日からスタートします。
引き続きよろしくお願いします、みなさま。

以下、写真集です。
DVC00300.jpg DVC00296.jpg
いつもの流氷ソーダ、でかいなあ         シーフードカレーです

DVC00310.jpg DVC00306_20080625132654.jpg
ゼッケン引き換え場。この横断幕も3回目か。応援FAXの右上はわたしの写真「ウォンテッド、見かけたらゴールに連行してくださいと書いてある」 リーダのTKさんからの激励。

DVC00307.jpg DVC00308.jpg
応援FAXもたくさん会場に届いていました、A子さんとhiroさんより。また、おんたけスカイレース行きましょう。

DVC00312.jpg DVC00318.jpg
ホタテを焼いて食べる、おいしい         ホワイトカレー、おいしい

DVC00327_20080625132937.jpg DVC00333.jpg
まだ15kmくらい                   これがサロマのコースなり 

DVC00339.jpg DVC00340_20080625133035.jpg
ホタテ丼とステーキセット(1150円)        うにいくら丼とステーキセット(1150円)

DVC00351.jpg DVC00353_20080625133144.jpg
チャンチャン焼き。鮭とホッケを焼いてから、野菜と味噌を入れます、メチャおいしい

DVC00357.jpg DVC00358.jpg
今日も海産物。好きな魚介類を選んで焼きます。 ウニ焼いちゃいました、なんて豪華なのかしら

DVC00341.jpg DVC00344.jpg
オシンコシンの滝を観光             ランナーが知床五湖を歩く

DVC00313.jpg DVC00355.jpg
カープさんのサロマンブルーお祝いのお花を買う    知床峠、風強すぎ

DVC00359.jpg
釧路六花亭にてケーキとお茶、ケーキが140円~200円程度って安いのでは

練習は来週から。 ダイエットは明日から。
広かったぞ、サロマ。 出直して、また来年に戻ってきます。


【6/28 追記】
コメント欄で流氷ソーダの評判が良かったので追加してみました。
左がプロフィール写真の元画像で、通常サイズの流氷ソーダ。2006年のサロマの時に撮った写真です。
右は今年挑戦した流氷ソーダジャンボ。 さすがに大きくみんなで食べました。
DVC00071_20080628011440.jpg DVC00298.jpg
ノーマルサイズ(630円)                  ジャンボサイズ(840円)
でも、写真だとどっちも似たようなサイズに見えますな。

【7/3 追記】
サロマ会場に応援FAX送って頂いたけど、現地で見つけられなかったものがあったようです。
それはとても残念とがっかりしてたところ、デジカメで写真を頂けました。
DVC00017_20080703023026.jpg
A4用紙2枚組の力作、みやびさん毎年ありがとうです。来年もよろしくね。

サロマ湖100kmウルトラマラソン 出発前夜

明朝の飛行機で、サロマに行きます。
サロマは100kmを13時間以内で走る、ウルトラマラソンの大会。
わたしにとって特別な意味をもつレースですので、ここに思いのたけでも記しておこうかと。

2004年7月のこと。友達に誘われて、富士北麓24時間リレーマラソンに出ていました。
当時のわたしは、走ることにそれほど魅力も感じておらず、電車やバスがあるのになぜ走るのか? と言ったレベル。
リレーマラソンが終われば元の生活に戻るつもりでした。

ところが、ここでチームの方、TKさんとでんでんさんがサロマについて雑談してました。
いつまででもその話題で喋れそうな雰囲気です。それがホントに楽しそう。心の底から楽しんでいるのが伝わってきました。

サロマってどんな所なんだ、彼らをそこまで何が熱中させたのか。
彼らは100km走った後、一体何を見て、何を感じたのか。
それを自分も体感したくて、サロマに行こうと強く思いました。 もう4年前のこと、これがわたしの走ることへの原点です。

当時10kmまでしか走ったことがありません。フルはもちろん、ハーフの経験もなし。いきなりウルトラマラソンなんて無茶な話です。
サロマまで11か月。週5日走るように習慣付けました。メタボ体質で駅の階段でゼーゼー言っていたわたしですから、2kmのジョギングが精一杯。
サロマへの気持ちを盛り上げるイベントとして、初フルを5ヶ月後のホノルルに設定。ここでもtKさんとでんでんさんについて行きました。初フルは5時間22分。
1日2kmだったジョギングは最長16kmまで伸びまして、月間走行距離も300km近くに。そうして臨んだ2005年のサロマでしたが、70km地点で15分オーバーにて終了。
収容バスに乗せられてゴール地点に行きます。車窓からはまだ競技中のランナーの姿が。わたしはどうしてあの中にいないんだろう。

もう1年間、サロマに対するテンション維持のイベントとして、翌年はニューヨークシティマラソンに行きました。
練習を続けて臨んだ2006年のサロマはまたしても関門足切り。

仕方なく、翌々年のテンション維持に用意したイベントはロンドンマラソン。しかし大会4日前に急な熊本出張が入りキャンセル。
悪いことは続くもので2007年のサロマも仕事で行けず、飛行機・宿もキャンセル。

その後、サロマの練習として、宮古島ウルトラ遠足で100kmを経験しましたが、16時間以上かかりました。サロマ制限時間の13時間以内にはどうやっても届かない。
ここで自分を振り返ってみると、そもそも走力があまり上がっていない。
ウルトラを走るのに最低必要と言われる、サブ4を未だに満たしていないのが痛かった。どうしよう、もう辞めた方がいいのか。
何か特別な努力をしてテコ入れがされない限り、出場しても時間内完走は無理だろう。

そんなとき、会社の後輩zaki君がRestartランニングクラブに誘ってくれました。
zaki君には5000m15分台を出す目標が、わたしはサロマ時間内完走の目標があり、2人でトラック練習していた時期があるんです。
Restartの申込書に 「サロマの完走が目標です」 と書き、12月からお世話になることにしました。
その後、てっちん監督・がたこコーチのご指導にて、4か月後のかすみがうらマラソンでサブ4を達成。 サロマ時間内完走が急に現実味を帯びることに。

さて、翌朝には飛行機に乗り、サロマ入りします。
4年間、わたしがランの練習をしたのは、すべてサロマのため。この1日だけのために練習してきました。
サブ4になった、ハセツネも完走した、体重だって15kgも減らした。このブログ読んでる方の応援もたくさん頂いたし、念もたっぷり送ってもらっています。

もう、準備するものは何もありません。あとは静かにスタートを待つだけです。

岐阜県出張にゆく

座間味から帰ってきて、すぐに岐阜出張でした。
大変そうに見えるかもしれませんが、わたし出張族ですので慣れています。
今回は自社製品の設置・保守方法などの説明を、先方のSE(システムエンジニア)に2日間かけて行います。
プライベートも「おひとりさま」ですが、出張も「おひとりさま」です。ふう。

新幹線で名古屋へ、在来線に乗り換えて、やってきました岐阜駅。
さて、まずは腹ごしらえせな。岐阜と言えば長良川の鵜飼で取る鮎だべさ。鮎食べに行こう。

DVC00268.jpg DVC00269.jpg
川原町の街並みを歩く                  そして今回予約した泉屋についた

わたしは養殖モノ4000円のコース料理をチョイスしましたが、天然モノは6000円~15000円のコースでないと出てきません。 ちなみに天然モノは塩焼き1匹で3000円とメニューに書いてある。 すごそうだ、いつかは天然物を食べられる男になりたいです。

DVC00270.jpg DVC00271.jpg
まずは小鉢から。熟れ鮎や鮎ごはん         サラダです、鮎乗ってます

DVC00272.jpg DVC00273.jpg
塩焼きです、頭から尻尾まで食べられる      こちら田楽、味噌に内臓混ぜて風味アップ

DVC00274.jpg DVC00276.jpg
天ぷらです、鮎・ナス・ズッキーニ、塩で食べる    山椒のアイス、初めての味ナリ

DVC00275-1.jpg
この店名物、鮎ラーメン。コースでは鮎雑炊なのですが、追加料金で変更しちゃった。
墨で焼いた鮎を乗せるとジュっと音がします。とっても繊細な味でおいしいです。最後はご飯を入れて雑炊に。 うーん、座間味に続いて食べすぎな気も少々・・・

さて、客先へ行って、初日のお仕事終了。
このままホテルに行き仕事の続きをする前に、気分転換したいなあ。わたしはお酒飲めませんので、盛り場には興味ありません。
岐阜と言えばホタルです。ホタル見に行きたい。19:12分発、西郷行きバスに乗る、40分かけて終点まで行きます。片道530円ナリ。

DVC00280.jpg DVC00283.jpg
終点まで乗ったのはわたし一人だった        ホタルいた! 見える?

1週間くらい前が最盛期だったみたいで、もはや探さないといませんが・・・ちらほらいます。
5匹くらい? 見れてよかった。ブログ用に写真撮ったものの点にも見えない(汗) しゃあない、捕まえました。

DVC00285.jpg DVC00286.jpg
手のひらの上に載せた                 街灯の下まで行って写真撮り

写真撮った後のホタル、小さい子を連れた家族に渡したら、すごく喜んでくれました。あとで逃がしてあげてね。
岐阜駅に戻るバスは20:12が最終なので、ダッシュで戻ります。滞在時間はわずか20分でした、ちともったいないけど観光で来ている訳ではないので仕方ない。

さて、宿へ戻って仕事しよう。スーパーで夕食の総菜を買って、宿で電子レンジ使おう。
しかし、宿のおばちゃんがあまりに不憫に思ったのか、パックから出してきちんと皿に盛り付けて、冷たいお茶まで添えてくれました。 ありがとう、女の人って優しいと思った。
翌朝はモーニング食べに行きました。名古屋・岐阜と言えばモーニングだべさ。コーヒ頼むと、トースト(あんこ付き)・茶碗蒸し・サラダ。ヨーグルト・果物ついて380円。
DVC00287_20080619024001.jpg DVC00288.jpg
今回のお宿、3700円。とても親切でした。        岐阜のモーニング、これで380円。

2日目の仕事を終えた後、会社の後輩zaki君が食べて育ったという「おだまき」のお店に(通称、あんこ巻きと言うらしい)。 あんこを薄いどら焼きの皮で包んだ感じ。 お店のご夫婦はもう50年もお店を続けているそうな。仲よさそうで、羨ましいです。
DVC00293.jpg DVC00295.jpg
その場で揚げてくれる               揚げたやつ(60円)、普通のやつ(50円)

さて、「おだまき」も買えたし、神奈川へ帰ろう。
初めての岐阜でした。ホタルも見れたし、鮎料理も食べて、名古屋モーニングもデビューできた。
よし、次回は鵜飼を見て、金華山のロープウェイも乗って、天然鮎を食べよう。下呂温泉にも行きたいなあ。
あれ? わたし何しに岐阜まで来たんだっけ。

座間味ラフウォータスイムに参戦した (1.5km)

座間味(沖縄 慶良間諸島)に行きたいと思ったのは1年半くらい前のこと。
ラン仲間であるA子さんはダイビングが趣味でして、どの海がキレイだったかと言う話題に。
わたしは久米島マラソン、宮古島100km遠足、ヨロンマラソン、奄美大島RWSと離島遠征に行きましたが、その中で一番と感じたのは与論島(鹿児島県)でした。

しろ   「わたしの行った中で一番キレイだったのは与論でしたよ」
A子さん「与論もキレイよね。でも、座間味はもっとキレイよ」
しろ   「え゛!?」

衝撃だった、なんと言うことだ。あの天国のような与論島を越える海があるなんて、それは行かねば。 座間味にマラソン大会はないのですが、遠泳のレースがあります。 会社帰りに沖縄行き最終便で行ってみることにしました。

DVC00201.jpg DVC00203.jpg
ゆいレールに初めて乗ります             国際通り夜11時ナリ

今日のお宿は新恵荘、なんと1泊2000円。
安かろう、悪かろうではありません。和室の6畳で個室で、布団のシーツもきちんとしているし、エアコンもテレビも付いています。
沖縄は安い宿が多くて、ドミトリーなら1泊1000円もあります。でも、仕事のカバンとかスーツとかあるので、今回遠慮しました。
DVC00205.jpg DVC00204.jpg
ここが新恵荘、駅から徒歩3分            わたしが始めて住んだアパートに似てる

さて、ぐっすり寝て、翌朝はソーキそば定食(780円)を食べて港へ。
DVC00207.jpg DVC00208.jpg
わ、トライクだ(3輪バイク)乗りたい          ソーキソバにご飯と刺身とポーク玉子が

高速フェリーで座間味島へ。
座間味へ行くには2時間かかる普通のフェリーと、1時間で行ける高速フェリーがあります。
レースに間に合わないので、高速フェリーにしましたが、メチャ早い。水の上をこんなに早く進めるなんて。
DVC00209.jpg DVC00212.jpg
これは普通のフェリー                 船員さん見張中

座間味港に着いたら、即効でレンタカー屋で車借りて、自分で運転して会場に移動。
なんとかスタート20分前に無事到着。これなら十分間に合うぞ。
DVC00220.jpg DVC00242.jpg
エントリ中の方々                    腕にナンバリングします 

今回のコースは、1500mのコースをぐるりと1周するコース。
スタートと同時に砂浜から走りだします。200人以上がいっせいに泳ぐので、スタート直後は他の人とぶつかります。
水の中は、珊瑚がいっぱい。魚もたくさん。水深は3mくらいか。
DVC00224.jpg


わたしの右側をおっさんがいい感じで追い抜いていきます、それにあわせて右側にいたお姉さんも抜いていきます。みんな早いなあ。もっと練習しないと。
水深は深くなることなく、ずっと同じくらい。波もそれほど強くなく、コースコンディションは悪くない。
足が攣ることなく1500mを無事泳ぎきりゴール、手持ちの時計では27分台でした。正式リザルトはまだ発表はまだされていませんが、去年の記録集みると、わたしのタイムでは真ん中くらいの順位かな。
会場では守屋コーチや、プーピーさんなどに会えました。みんな元気そう。

DVC00223.jpg DVC00219.jpg
続々ゴール、右は司会の滝川社長             200人以上のスイマー達

キレイな海ですが、沖縄なら別に普通じゃないか。それが第一印象でした。
午前の大会が終わり、午後はスイム駅伝に。会場も別のビーチになります。ヒマなので応援することにした、古座間味ビーチから阿真ビーチへ。
駅伝やっている脇でチャプチャプ遊んでいたのですが、少し遠くまで泳ぐとある一定ラインを超えると珊瑚が急にいなくなり、水深が一気に深くなる場所があります。
あれ・・? そこから水の色が違う。 それまで透明だった色は急にブルーに。何コレ? 空は曇っているのに鮮やかなブルー。
これまで海を泳いでいた感じとは全く違っていた。 神秘的なほどにブルーなその色は怖いほど。これなのか、A子さんはこのことを言っていたのか。確かにこれはすごいかも、水中カメラが無いのが残念。。

潮の流れが引き潮気味だった、うーん、これ以上1人で泳ぐのは危険と判断。戻ることにする。
海岸でダイビングショップの人に聞いてみた。
しろ「あの、海面が緑色からブルーに変わる場所がありますが、あれは何ですか?」
店員「あれは、あそこから深くなるんでブルーになります、この辺のダイビングポイントですよ」
しろ「あそこ、潮の流れありますよね」
店員「そうですね、過去には流されて事故も起きてます、一人は危険ですよ」

なんてこった、海を泳ぐなんて言っておきながらわたしの泳いできたのは守られた海域だったのか、だからブルーは出てこなかった。A子さんはダイバーだからブルーに行けた。その違いか、今度はブルーを求めて旅をするぞ。流れる雲を見て思った2008年の初夏のことでした。

さて、後は座間味観光・・・と言っても見晴台巡りくらいしかありません。
島も小さく20分くらいで端から端まで行けてしまします。
DVC00236.jpg DVC00237.jpg
山を走る                         牛もいる

DVC00230.jpg DVC00241.jpg
岬からの景色                         歩道もいい感じ

那覇に帰ってから、色んなもの食べました。
ヤギ汁はお店の人もお勧めのようで、これは元気になるわよー。とのこと。
DVC00243.jpg DVC00251.jpg
ブルーシールアイス(いちご味)          ヤギ汁、よもぎが乗っています

DVC00253.jpg DVC00246.jpg
ジーマミー(ピーナッツ)豆腐、おいしい      もずく弁当、おやつに塩せんべい(大好物)

DVC00248.jpg DVC00249.jpg
ちんびん(沖縄クレープ)も大好き         アグー豚の串焼き、ジューシー

さて、那覇で食事もしたし、関東で飲み会があるからもう帰ろう。
DVC00228.jpg
さよなら座間味島。 そこは、しずかな、しずかな小さな島でした。
わたし一人で座間味に来ることはもうないと思いますが、もし次回があるならスイム駅伝でチームで来たいなあ。チーム員募集中。

【6/19 追記】
リザルト発表されました。
1500mの部   27分28秒
206人中    77位
男女別     46位
30代男子年代別 16位

恥ずかしながら、プールで足が攣ってしまいました (2400m)

今日はベルマーレのスイム練。今日は人が少なくてまたもや2コース(早い人コース)。
アップ400m、ドリル600m、スイム300m・・・2コースは泳ぎの間隔が短く、5秒くらいしか余裕がなくて息を整えるヒマがありません。
ゼーゼーな状態のまま、本日のメインである100m×4、200m×2、400m×1、計1200mを続けて行うメニューがスタート。

ああ、出だしから心拍もかなり上がっていて、キツイ。
100m×4のタイムは1分53~55秒、次の200mセットでは3分50秒だった。思ったほど落ち込んではいない。
キツイけど大丈夫、そのまま400m×1に入り、ラスト100mのターンで勢い良く壁を蹴った瞬間、左足のふくらはぎが攣った(汗)。

げぇっ、そんな・・・あと100mなのに攣るなよ・・・  あまりの痛さにもはや泳げず、コース途中で立ち止まり、リタイア。

えみコーチ「(ラストの)400mのタイム期待していたのに」
しろ   「あうう」
Mさん  「100km走るような人でも、足攣るんですね」
しろ   「あうう」
Hさん  「ミネラル取ると攣らないらしいわよ、ニガリとか飲んでみたら?」
しろ   「あうう」
まいったなあ、こんなんでサロマ大丈夫なのか。攣りクセが付いたりしないよなあ・・・

さて、なんとも暗雲が立ち込めていますが、週末は座間味島(沖縄)でレースです。
有休取らずに、土日のみで座間味まで行ってレースに出ます。金曜の夜に会社からダッシュで駅に行き羽田空港へ。駅まで9分で行かないと飛行機に間に合わない(ひー)。
翌朝に高速フェリーで座間味へ移動、このフェリーが座間味へ着くのは、朝9時50分。
5kmの部に出たかったけど、開始8時なのでどうやっても間に合わない。10時半から始まる1.5kmの部でガマンしましたが、それでもスタートまで40分しか余裕ありません。全体的に大丈夫なのか>わたし
飛行機に乗れるように、スタートに間に合うように、応援してくださいね。

横田駅伝でアンカーを走る (5km)

今日は横田駅伝。フロストバイトと同じ横田基地での駅伝大会。
一人5kmで4区間を走るこの大会、男女混成チームを組んで参戦してきました。このメンツでの参加は半年振り、2回目です。

DVC00194_20080608203826.jpg DVC00195.jpg
会場はアメリカ空軍基地です           不審車のタイヤをパンクさせる設備が

DVC00183.jpg DVC00191.jpg
いつものごとく、アメリカです            ここは軍隊ですからお姉さんも軍服です

DVC00188.jpg DVC00182.jpg
レース開始、みんな早い              子供もゼッケンつけて走るのだ

わたしはアンカーで、5kmを走りました。
手持ちの時計では19分45秒、初めて5kmを20分切って嬉しいです。 でも、距離がアバウトなことで有名な大会との声もあるので、半分だけ喜んでおこう。。
会場ではRestartのてっちんコーチ、がたこコーチ、T村さん、O黒さん・・・たくさんのメンバと会いました。 えっ、優勝したんですか!? すごー!

ゴール後は打ち上げに行きました。 ちょいと前にnaomincさんが誕生日だったので、みんなでビックリさせようと花束を予約し、ケーキを買って持ち込み。
ekidenn2.jpg
みんなでパチリ                打ち上げでは誕生日パーティも

打ち上げパーティ後は二次会として立川のカフェで一息。みんな次のレースの話に盛り上がる。
でんでんさんとnaomincさんが筑波に、わたしとりんちゃんが湘南国際へ。 その話の流れで先にサブ3.5(フルマラソン3時間半以内)を達成するのはどちらなのか? と、naomincさんと牽制し合い(汗)
結果、わたしも筑波にエントリして、ガチンコ勝負することになりました。 連戦だけど、負けないぞう。

さて 「負けないぞう」 とタンカ切ったものの、正直言うとかなり分が悪い。
naomincさんの性格を考えると計画的に予定を組んで、秋の筑波に向けて完璧な状態になるように仕上げてくるはず。対してこちらは斑尾50km+ハセツネ71kmなど連戦スケジュール組んだ上に、夏の予定は水泳だらけ・・・あうう、この勝負勝てるのか。 
あまりにもノープラン過ぎて、すでに暗雲が。 どうする、どうなる>わたし。

週末は、山を走って、海を泳ぐ

土曜日はベルマーレの海練習に参加。
30人くらい来ています。地上は風が吹いて寒いですが、海の中にいれば大丈夫。
DVC00159_20080601221748.jpg

本日は1500mタイムトライアル、海に設置された1周250mの周回コースを6周します。
結果、26分12秒。 プールより3分近く早い、潮の流れにうまく乗れて早く泳げた。プールじゃ出せない記録が出ちゃうから、海って面白いです。

さて、日曜日は何も予定なしでした。
それをあまりに気の毒に思ったみおんが、仲間内のトレランに誘ってくれました。
そいつはありがたいと、光の速さで逗子に行き、8人でスタート。逗子駅~阿部倉山~二子山~鷹取山~逗子駅に戻るコース、15kmくらいとのこと。

6月に入るので、藪がだいぶ成長していました(※藪が高すぎるとジャマで走れないんです)。
随所で藪こぎして進みますが、「このコースは今日がシーズン最後だね」と、副部長。 でも夏にオフシーズンに入るスポーツって珍しいなあ。
DVC00163.jpg DVC00165.jpg
「藪ってるねえ」 「藪ってますねえ」 トレイルランナー同士の会話ナリ。 

藪を抜けるとコースは高速コースで楽しいです、みんな飛ばし気味、早い早い。付いていくのが必死。
でもこんなコースで練習できるなら、わたしも早くなれそうです。羨ましい。
前日の雨でぬかるんで、ちょい走りずらいとこもありますが、木漏れ日の中を走るのは気持ちが良いです。
DVC00169.jpg DVC00168.jpg
いい天気ですが、山の中は涼しい             靴も泥まみれ、でも気にしない

およそ15kmのコースを4時間程度でのんびりラン。
山を降りて住宅地に入り終了。全員とハイタッチでゴールの喜びを分かち合います。
このあとは銭湯でお風呂、牛角で焼肉食べて、ファミレスでお茶、1日たっぷり逗子・大船を満喫。

DVC00177.jpg
みなさまへ、飛び入り参加のわたしを暖かく受け入れてくれまして、ありがとうございました。
次回は斑尾フォレストトレイル50kmでお会いできるのを、楽しみにしております。

«  | HOME |  »

プロフィール

「しろ」

Author:「しろ」
住まい: 神奈川県
年齢: 30代
趣味: カフェ巡り・パン屋巡り
    離島や海外で遊ぶこと
好物: カステラの茶色いところ
    ホットケーキ
    フレンチトースト

フル:    3時間43分
ハセツネ: 19時間19分
5000m走: 20分12秒
5000m海:  2時間2分
400mFr:   6分59秒
100mFr:   1分30秒

マラソン、トレランは5年目。
海泳ぎは3年目。
ブログ歴3年目。
故障歴2年半(継続中)

サロマ湖100kmウルトラマラソン完走をめざして走り始めました。2004年のホノルルが初マラソン。
住宅地でラン練してもつまらないので、近くの高尾山を走ってたらトレランの世界を知り、2005年からハセツネにも参戦。同じ年にニューヨークシティマラソンで出会ったラン友から海泳ぎの世界を教わり、遠泳にもハマリ中。

しかし2年前から左足の痺れと腰痛が。どうやら坐骨神経痛らしいです。痛くて走れず泳げず、すべての練習を中止。
練習もできず大会も出れず体重は+13Kg増量中・・・ あまりにもヒマなのでそこら辺をプラプラしております、気づけば47都道府県のうち46まで制覇中。



このブログはリンクフリーです
コメントあると嬉しいです

■■2011年参加大会■■
なし

■■2010年参加大会■■
3/13 東京エンデューロ
5/16 ホノルルトライアスロン
7/25 ビックスイムinトーヤ
9/4 式根島アクアスロン

■■2009年参加大会■■
1/11 有度山ロゲイニング
1/18 ジュニアチャンピオン大会
3/1  サン・スーシ大会
3/29 奥武蔵レクロゲイニング
4/5  青梅高水山トレイルラン
4/11 エクストリーム那珂川
5/31 ARJS三浦横須賀
6/20 式根島アクアスロン
8/2  四万十川水泳マラソン
8/16 奥松島OWS
8/23 姫路家島OWS
8/29 湘南OWS
11/22 イーハトーブマスターズ

■■2008年参加大会■■
1/20 フロストバイト
3/9 大山登山マラソン
3/16 湘南国際マラソン
3/23 新城トレイルレース
4/6 青梅高水山トレイル
4/13 ロンドンマラソン
4/20 かすみがうらマラソン
4/29 横浜駅伝
5/18 野辺山ウルトラマラソン
5/25 インターナショナル・ココス・クロッシング(グアム)
6/8 横田駅伝
6/14 座間味ラフウォータスイム
6/22 サロマ湖100kmウルトラマラソン
6/28 式根島アクアスロン
7/6 北丹沢12時間山岳耐久レース
7/12 新島オープンウォータースイミング
7/19 富士北麓24時間リレーマラソン
7/25 富士登山競走
7/27 パンプキン争奪マラソンスイミング
8/3 信州爆水RUN
8/10 湘南オープンウォータースイミング
8/17 富士山クロスカントリー
9/6 エクストリームシリーズ奥大井大会
9/21 せとうちOWS
9/23 ビーチエキデンフェスティバル
10/5 東日本国際駅伝
10/12日本山岳耐久レース
11/8 EKIDENカーニバル西東京
11/30 朝霧ロゲイニング

これら参加大会の記事は下メニューの月別アーカイブの該当月をクリックして読むことができます。

最近のコメント

最近の練習量

今日は何の日?

アクセスカウンタ(2008/05/31~)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

地味に人気のあった過去記事

ツイッター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。